梅雨明けまでには終わるはずでしたが、予定より早く梅雨明けしてしまいまして回転休業状態です

プロパンガスも来ましてターカロイ松、全て入れました、ここの作業に関しましては外気温度が高いので加熱時間短くて済みます

P6292507.jpg

後は温度におまり関係ない作業を、1100刀のケース加工

P6292508.jpg

内径 83mmで掘ってますがこれだけしか削れません

P6292509.jpg

お次はGPZ1100

P6292510.jpg

とこれがこのケース #1側と#4側で 0.1mm斜めでした

P6292511.jpg

驚く事はありません、よく有る問題です。直せば良いだけの話です





まだ梅雨明けは先だと思いながらも暑いさなかにクーラー全開でやっとシリンダーの加工終わりました

P6272511.jpg

早速シリンダーを加熱、ターカロイ松、圧入のはずが二本入れて残りを加熱中プロパンガス無くなりました

P6272512.jpg

このシリンダー、S1だそうです?どう違うのか私には判りません? おまけにノーマルボア?

明日にはガス来ますのでやっけますです。



今年バラマキましたSRX400用と600用ピストンを組み込む為のボーリング依頼、昨年は年間を通して 1台しか無かったのに

ことしは早 3台も来ております、400、89.5mm用

P6272510.jpg

600、97mm用

P6212509.jpg

久しくやって無かったので手順忘れるところでした。





エンジン搭載を終わりエンジンオイルを入れてガソリンタンクをつなぎ、スターターボタンのワンプッシュで

いとも簡単に目覚めましたノーマルボア 903cc仕様

P6252507.jpg

温まっていないにも関わらず 1000回転で粛々と回ります、今回のお客様の要望でキャブレターはノーマルです

P6252508.jpg

おまけに簡単には壊れないポイント点火のままです、微振動すらありません

P6252509.jpg

今後の目安になればとの重いです、そして主役は

P6202502.jpg

私にとっては大きいボアのピストンは設計自体は楽ですがこの 66mmサイズになりますと

あっちこっちの帳尻合わせが結構大変なのです、そのなかでも軽く作れるか?この頭の形状でも圧縮 9.8:1です

ノーマルより少し高いだけですのでレギュラーガソリンでこと足りるはずです

今回の数字を基にさらなる進化を目指します







お世話になりましたお客様よりの頂き物

P6212506.jpg

特に此方はありが幸せで御座います

P6212507.jpg

栗焼酎、どんなお味でしょうかね楽しみですね

みなさん本当にありがとう御座います。





Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 Piston Magic, All rights reserved.