シリンダーヘッドも組み終り、燃焼室容積も 36.0ccを確認出来ましたので

ピストンのヘッド形状を変更します、左が加工前 12.0:1が右が加工後11.2:1になります

P9140363.jpg

P9140368.jpg

2.0cc分削りました、これでパタパタと組付け

P9210384.jpg

昔のヨシムラ ST-Ⅱカム、バルタイ測定、案の定排気側かなり早いです

取りあえず言い訳しますが素材の山の形状は決まってまして、カムソプロケット穴位置がずれると

正規の位置にカムプロフィールが作れなくなり、やむなく角度を無視しましてボツになるのを防ぎます

当時ST-Ⅱカムはバルタイは合わせるのが前提でしたのであしからず

以前このカムを組んだお店はバルタイ測れなかったのでしょう?

数値が判ればその分棒ヤスリで拡げるのみです、今回は遅くなる方向のみ加工、3~4ミリほどです

P9260388.jpg

後は吸気 105度 排気 106.5度に固定して残りの部品を組付けて完成

P9260389.jpg


満面の笑みにてお持ち帰りのM様、お待たせしました

P1090691.jpg

新世代 73mmピストン 1,105cc 一号車 完成、排気量こそ同じですので違いを堪能してください










スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.