夏の風物詩、鈴鹿8耐も終わりヨシムラおぢさんチーム来年頑張って下さい(これもレースです)


Z1の73mmのピストンを組込みの為分解しましたZ1

#2、#3のピストンピンとコンロッドが嫌がった理由?

P7290345.jpg

センター付近に変なスジが見えますね、拡大してみます

P7290346.jpg

P7290347.jpg

簡単に外れない訳です

P7290349.jpg

簡単に外れましたピンもご覧のように焼きつく寸前です、矢印部はコンロッドが干渉してない所で綺麗です

このエンジン途中で10年間眠ってましたのでその間にオイル切れしたか、ピストンピンの硬度不足か?

微妙な所ですが、コンロッドはこのまま組める訳も無くアジャストリーマーで少しづつ出っ張った所を

落として当社ピストンピンがスムーズに入りガタも無い所まで修正できましたのでクランクシャフトは大丈夫です

以前もまま走らせてたらクランクシャフト駄目に為ってたでしょう


序にピストンみて見ますとアリアスの73mmですが頭の出っ張り、気合入ってます

P7290352.jpg

後日測定しますが11.5:1は有ろうかと思われます

流石昔のインチサイズのピストンだけ有りましてピストンリング溝のクリアランスが

P7290353.jpg

当社の倍I以上の 0.05mmあります、リング表面の仕上がり具合も粗いです

P7290354.jpg

これもベース素材の問題でしょうね、15年位前の物ですから仕方ないのかも知れません

時代の進歩は凄まじく、全ての部品、加工精度、物の考え方など等進化は歩みを止めないのです。



スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.