昔GSX1,000刀のエンジンに1,100刀の新品クランク取って移し変えした時驚きました

メーカーでこんな風にクランクピン溶接してありました,全ての圧入部をです

P6130308.jpg

P6130309.jpg

P6130310.jpg

P6130313.jpg

組立てながらの溶接で自動機を使ったものですね、すごく手間の掛かる仕事です

此れはアメリカに置いて位相のズレが出たための対策でした、この時期のスズキの組立てクランクは

みんな溶接されてたようです

此れを見て散々(クランクは溶接するもんじゃあ無い)言われてた折でしたので、嬉しかったですよ

此れで位相のズレは押さえ込めますが曲がりに関してはどうでしょうか?

以前新品で取ったクランクは素晴しい精度で出てましたが、精度が出ていたが故に叩いてません

今回の中古のクランクは新品ほどの精度は出ていませんでしたので

叩いてみましたら 0.01mmまで出ましたので良しとしました

たまたま面白いドナーが来て居りますので、お次は Zのクランクです

つづく



スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.