以前紹介致しました東海大学、フォーミュラークラブのSV650改エンジン

ベンチテスト終了しましたので組付けデーターを元に本番仕様に変更します

変更点はスキッシュクリアランスが以前のエンジン寸法と少し違ってましたので私の判断で狭く設定します

やり方はシリンダー上面では無く下面を引きます、本当は上面を引いた方が早いのですが

このシリンダーメッキシリンダーですのでメッキが剥がれる恐れがあります

なにせ東海大学フォーミュラークラブの一大プロジェクトですのであえて確実な方法でいきます

旋盤にてシリンダーの内側をくわえてダイヤルゲージでベース面の振れを確認、0.005位ですのでOK

一皮引いてみて寸法確認

P6270336.jpg


後は旋盤を廻して指定寸法まで追いかけて行きます

P6270335.jpg

と簡単には行きません、内側のメッキ部をくわえる訳には行きません、メッキと言えどもくわえると傷がつきますので

シリンダーの内側に挿入するカラーを作るのが面研するより時間掛かります

P6270337.jpg

材料、その辺に転がってるアルミ、カラー外径はシリンダー内径マイナス0.03mm、カラー肉厚1.5mm

内径及び外径加工はワンチャックのみで加工のコト

P6270338.jpg

で引き終わりますと

P6270341.jpg


P6270342.jpg

当然使う刃物はダイヤモンドです、これで圧縮比 13.5:1 さあ~どうだ!

此れで当たったらピストン引いて上げますよ、なんか学校の先生やってる気分です!



スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.