昨年作りましたGS 1000用 73mmピストンをお買い上げのお客様より

シリンダーが送られて来ましたので早速ボーリング開始

上面水平を確認します、もし水平が出ていなかったり斜めに為ってましたら

この状態で面研します、このシリンダーは大丈夫でした

P6090313.jpg

このボーリング今回は70mmから73mmまで拡大します、かなりの熱を持ちます

ホーニングでの寸法精度を出せるか否かはこのボーリングで決まります

昔々エンジン作るに当たり外注に出してましたこのホーニングの寸法精度が私の要求を満たせず

終いには寸法指定で出してましたがそもそも環境温度が異なりますので出る訳ありませんでした

仕方なく自前で機械買って自分でやるしか無かったのです

バルブシートカットも同じで最後は自分でやるしかありません

3mmのボーリングが終わりますとこれだけの切粉が残ります

P6090314.jpg

残りライナー肉厚が2mmを割り込んだ下面

P6110310.jpg

此れだけしか作れませんので頑張って組んで下さい

因みにこのシリンダーの場合此れだけズレが生じてます

P6110312.jpg

P6110313.jpg

此れを解消するにはシリンダーを加工し直してライナー打ち替えるしかありませんが

普通使う分には大した問題はありません、ただホーニング時に寸法が決まり難いだけです。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.