前回の検証にてリューターで何とかなるかなと思ってましたアッパーケース

専用治具を作りボーリングした結果、吸入側は少しでした

画像 138

が、排気側及び両サイドはご覧の通り

画像 137

かなり削り込まないと駄目な事が分かりました

なにがなんでも自分の手で削りたい人、止めませんので頑張って下さい。

GS1000でギリギリでしたオイルラインも余裕でクリアーしました

これで全ての検証が終わり来春完成をめざして始動します。

詳しいご案内は年が明けてからになりますので今暫くお待ち下さい。

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.