通常一回の点火を複数回飛ばしたらどうなるか?

隣町のおぢさんの一言から始まり、四気筒用で素晴しい結果をみましたが同時に

長い配線にノイズを拾い、失火する事も判明しましたがノイズ対策に功を奏し

四気筒用は皆さんもその実力を体感された事だと思います

シングル用に置きましてもテスト段階ではロングストローク650にタンクバックにしのばせての走行テストでは

振動の激減と減圧効果を確認しましたが400クランク500に取り付け時はシートカウルに固定

見事にノイズ拾って失火しました

四気筒と同じ対策を講じてシングルエンジン用3回点火のデーターをインストロールした試作品をシートカウル

に固定

画像 623

ノイズ対策としてイグニッションコイルでは無くイグナイターに最短距離でダイレクトに接続

このやりかたですといつでも元にもどせます(戻すことはないですが)

画像 624

当日の簡単な試乗時4,000回転からグワーと立ち上がるのを確認しましたが7,000以上は確認できませんでしたの

で、先日確認してきました

結果、5速2,000回転でも巡航可能で、峠で3速から開けて行くと4,000回転からグワーと立ち上がり

7,500回転のレッドゾーンを振り切り、一気に9.000回転まで行きます

距離の関係で4速は確認出来ませんでしたが、今までの8,000過ぎから鈍る感覚とは別の次元でした

シングルでも四気筒でも回して行くと回転に鈍る所が出てきます、セッティングが合っていれば

その回転の鈍る所がピークです、鈍りながらでも回る回転とは違います

シャシーダイナモのデーターでもマフラーによっても多少の差がありますが

SRX600で言えば6,500~7,000回転辺りですがさすが6,500辺りから苦しそうです

SRX400で8,000回転辺りですがこのMSAを取り付けると4,000からモリモリときて6,000からターボでも

付いたかのように一気に9,000でした、めったにこの9,000回転使う事はないでしょうが

そこまでの過程のレスポンスも素晴しく今までに無い感覚でした

振動に関しましては元々このエンジン振動ありませんので判りませんでしたが、ロングストローク650に

置きましては激減致しましたので全域3回点火の効果のほどが判ろうかと思います


特に私の500のようにハードにチューンされたエンジンが効果が高いようです(486cc 12.5:1 ST-Ⅱカム)

同じ仕様のSP-2取り付け車に試乗したことがありますが全域で此方が上でした

近く公表します600用 97mm軽量ピストンとの組合せが楽しみでなりません



このシングル用MSA(マルチスパークアンプ)39,900円(税込み)です、V-UP16との併用がお勧めです。


スポンサーサイト




良さそうですね。ウチのでも効果ありますか?
【2013/09/16 19:33】 URL | ベン太郎 #-[ 編集]
なるほど、先日のお話の続きが良〜く分かりました。セッティング決まったらこりゃ導入ですかね〜。
【2013/09/16 22:50】 URL | 房総の赤鯛 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.