デトネーションⅡ号も最終段階でバルブタイミングの測定します

この測定の為カムスロケットをあえて外さずにいました

年季の入ったタイミングホイールを付けて上死点を合わせ

画像 556


そんなに違和感のなかった排気#4測定します

画像 560

49.5°-15° 107.25° 取りあえずまずまずです

続いて違和感を感じてました吸入#4です

画像 561

案の上 9°-55° 11.3°でした、遅すぎます

シリンダーヘッド0.3mm面研分で2度位ずれる事を見越しましても遅いです

此れだけ遅いとオーバーラップが狭くなりますので谷は出ませんが

ハイカムの美味しい部分が無くなります

今回は 1,166ccで12.3㌔のトルクが確認出来てますので、多少下のトルクを削っても

上の馬力とパンチを優先してみますので

吸入 105度 排気 105度に合わせます

吸入、#4を16°-46°に合わせ、排気#4を47.5°-15°に合わせ

全ての気筒を測定しました結果

画像 559

とにかくギリギリです

画像 562


排気#1より 48.5°-14°  49°-16°  48°-13.5°  47.5°-17°(#4基準です)

吸入#1より 15.5°-50°  17.5°-49° 16°-48°   16°-46°(#4基準です)と成りました

タペットクリアランスをシビアに合わせた割にはバラツキが多いです

これが外国製のインチ規格の製品です、私このWEBのカム初めて計りましたが

まあ、こんなもんでしょう?

お客さまの予算の都合も有りますのでこのまま使って頂きましょう

最初長穴の中心より少し後ろにいましたボルト、結果この位置まで動きました

画像 563

ここのボルト必ずロックタイトを塗布してくださいね

これに付いてましたボルトにはロックタイト付いてませんでした

これで残りの小物を取り付ければ完成です

よそで組まれたエンジンのレベルは???


おまけのももご飯です

画像 557

頂き物のトマトご飯、大好物です。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.