今年何年振りかで新作しましたGSX 1,100S 刀ピストン

以前の鋳造ピストンをお使いのお客さまがいらっしぃましてシリンダーからのオイル漏れ修理時に

スペアーシリンダーを新型鍛造ピストンに合わせてボーリング組み込み慣らし中ですが

単純に鋳造と鍛造ピストンの比較を頂きました

当初、圧縮12.0:1の仕様とお伺いしてまして11.5:1の新型鍛造ピストンお渡ししてましたが

蓋を開けてみた所、鋳造ピストンも頭の低い11.5:1の仕様でしたので良い比較になります

左、鋳造 右、新型鍛造で圧縮12.0:1の仕様です

画像 482

サイドの形状も時代を感じさせます

画像 483

裏の形状は大幅に進化しました

画像 484

と、能書きはこの辺までにして

オーナーさん曰く

それまでアイドリング時にバックミラーがプルプル振れえてたのが無くなり、7,000回転まで回してますが

全域での振動が少なくなり、ほとんど気にならない

開け始めからのレスポンスが以前とわ比較にならない

これは単にピストン重量が36.5g軽くなった事の恩恵でピストンピンも軽くなってますので

合計40gほど軽くなってます、因みにピストンリングは同じ物です

ノーマルピストンに比較してもピストン単体で30g軽くなってます

この軽さが全開にした時、もっと顕著に現れてエンジンが勝手に廻ろうとしますので気を付けてください

後、皆さんが見ても判らないスカートプロフィール?

最新の形状に設定してますのでパワーの出方、熱の持ち方、など等

効率を上げフリクションを減らす形状になってます

昔、2mm拡げて出た馬力は、現在、1mm拡げるだけで出せます

昔と同じ2mm拡げて圧縮が同じならとんでもない馬力がでます

昨年、福島の0さんが組みましたマークⅡ、70mm圧縮 11.0:1

NGCマフラー、車検対応キャタライザー付き、CR33隣町のおぢさんキャブ

を煮詰めて、ノーマル排気量 1,015ccで後軸 119馬力をマークしてます

それが技術の進歩と言う物です。

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.