GS1000の代二段、73mmのボーリングですが

ライナー外径(ケースに入る部分)が0.3mm小さい?

これが何を意味するかと言えば残り肉厚が1.8mmの予定が1.65mmになってしまう?

ボーリング出来るのだろうか?

取りあえず何とかなりましたが今回はボーリングのみですので下面を研磨してません

その影響で下面の荒れがそのまま歪みとして#1と#4番のケースに入る部分が加工時の寸法が

シリンダーのクランプを外した時点で歪みの分だけ変わりました

何とかホーニングで取りきりましたが、次の問題

画像 418

このままではピストンを組めませんのでテーパー加工します

画像 419

残り肉厚が1.6mmしかないのでテーパー部も少ししか作れません

こんな部分にもライナー肉厚の弊害が出てきます

今回の1.6mmは何とかなりましたがそれ以下は無理ですね
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.