400用 97mmの加工が終わりましたので

仮組してシリンダーの高さを決めます

画像 030

取りあえず転がってる600用シリンダーをボーリングして

中古のベースガスケット付けてシリンダーを被せて

規定トルクで締め上げて、トップラウンドとシリンダー上面の隙間を計ります

ピンハイトを0.5mm下げてますので計算上は0.8mmの隙間のはずが?

1.6mmありました???

これはクランクシヤフトセンターからベースガスケット面までの寸法のバラツキかと思います
(少し大きいかな)

この寸法を元に400用シリンダー下面を引きます

ピストンとヘッドの当たる隙間は確認してますので

最終的にスキッシュクリアランスをギリギリに合わせます

スカートも今までより短いです

左参考のZ1用ピストン

画像 034

今日のモトクロッサー450のピストンと比較すれば可愛いもんです

今までの96mm+ST-2の組合せであまり出番のなかった9,000回転を捨てて

ピーク8,000回転で中速重視のST-1の組合せで

圧縮比(容積比)12.2~12.5:1で行きます

ごく一部の皆さん箱根で乗ってみてね!

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.