昨年まえかわロングストローク用に準備しました

97mmピストン

3VNのも使えるように設計して準備してまして

600と400ではバルブの径も位置も異なりますので

あえて600用の頭にしてリセス無しを用意してました

言い換えればどっちにも使える仕様です

SRXの排気バルブはセンターより放射状にオフセットしているので

サーキュラが無いと加工できませんので

フライスにサーキュラが乗ってる内にやっつけます

画像 019

刃物は小径ボーリングバーをぶっ飛ばし任意の径で加工出来ます

今までのデーターを元にST-2カムが組めれば良しなので

リセス深さ浅くして頭の形状で圧縮決めていきます

左 96mm 右 97mm

画像 021

そして裏

画像 022

左の96mmが形状的に軽く見えるかもしれませんが

96mm 308g 右 97mm 296g で右の形状が軽くなります

どの形状が一番軽くなるか何枚ものお絵かきして割り出した形状です

この後さらに余分な肉そぎ落とします

昨年組んだ 600用が 274gで止めましたので

400用は燃焼室容積も少ないのでさらに低くなります

ついでなので96mmと同じ形状に加工したところ

285gになりました

これで260g台は確実です

あわよくば250g台、狙ってみます

こんな地道な積み重ねが夏に予定してます

SRX ピン径 22mm仕様の97mm/100mmに

反映されて更に進化して行きます。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.