先日持ち込まれましたピストン

ドイツの製の新顔?

取り合えず200gは切ってます

画像 588

頭の形状がUSA製にそっくりです

画像 589

スカート部へはデフリック(固体潤滑)が塗ってあります

デフリックその物は慣らしをしない人が居るため

初期なじみをを良くして齧りを防ぎますが

性能向上へは大した影響はありません

裏もそこそこ努力の後が見えますが?

画像 590

基本寸法を確認して圧縮確認しましたが

かなり低そうですね(だまってよ~)

ドイツの老舗がこのレベルでは???

因みにおなじ仕様で私に作らせたら(やりませんが)

170gは切れるかも?



話は変わってお盆前にちらっとお見せしてました

我社の新作

Z1/マークⅡ用 70mm

画像 567

圧縮 11.0:1 仕様 187g

この目方が性能に直結します

圧縮はMAX 12:1OVER~MINで10.0:1までは対応できます

今回新作の 1000R用 70mm

画像 566

1000RはZ系と違いピンハイトも高く

燃焼室も二段になり深いです目方的には軽くなりません

圧縮 11.0:1 仕様で 202gです

圧縮はMINで9.5:1辺りまで落とせますので

どんな仕様にも対応できます

裏は

画像 568

今回は裏の切削面にショットにて残留応力の除去と見た目を替えてみました

全面切削する事でピストン重量

0.1gの範囲に収まります

これからのZは永く乗る事を前提に

皆さんのお役に立てたら出来たら良いですね!
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.