分解して色々診てますと

意外と腐食の酷いジェネレーターカバー

画像 532

クラッチカバーもどっこいなので

協議の結果、ガンコートします

ドライブシャフトは

画像 533

まったく問題無しです

この時期のオイルシールは幅が広いタイプでしたが

現在では入手不可能です

そしてヘッド

画像 531

吸入、右ステムシール、アウトでした

SRXのステムシール中々優秀なのですが

ちょくちょく見かける光景なので

どうなんでしょうね?

早速カーボン落し開始!

はい、終了!

画像 535

最近400が多かったので600ヘッド

大きくて削り易いのでバリバリ行きました

燃焼室容積増やしたく無いので

燃焼室は磨きません!

ガイドもそのままでガイドの周りの肉も

なるべく残すように削ります

あくまでも耐久性確保です

だって24年選手ですからね

まだまだ頑張って貰います!
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.