次の3VNもガンコートに出しましたので

先週お預り致しました

スズキ GOOSE 350 のオーバーホールを始めます

思えばSRXと人気を二分した?

ライトウエイトシングル

いかんせん排気量が350ccしか無かったので

頑張って475ccまで拡げましたね

久々にバラスので確認しながら

画像 403

終了?

ピストンは

画像 404

リング溝にスラッジがこびり付いてますね?

シリンダーは

画像 406

リングの錆びた後が有ります、下部に錆も確認出来ます

今のおね~ちゃんの足になる前に

長く放置されたのでしょうね

これがもっと酷い錆だと

ライナーがえぐれて煙吹きまくりになります

画像 407

スカートサイドの錆、かなり酷い!

シリンダーの磨耗も多く

ピストンクリアランス 0.11mmありました

バラシ時でしたね

今回はクランクケース周りからのオイル漏れがありませんので下割りませんが

その理由はこのGOOSEのクランクピン

メーカーで綺麗に溶接されてます(こっちはそのはるか前からやってた)

GSX1100刀のクランクもメーカーで溶接されてます

スズキさんはこんな大事な所は手を抜かないで

しっかり対処してましたね(よいしょ、よいしょ)

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.