5月の後半に持ち込まれましたピストン

何でも昭和の32年頃の三菱の車

レオとかなんとか申されてました

単気筒350cc?

だとか?

ゴールデンウィークに厚木の川原の道路(うちの近く)

を走ってましたら、焼きついた(車検が有り公道走行可)

ところが焼きついたピストンはピンがシリンダーに食い込み

取れないので、仕方なく粉砕(すでに割れていた)

部品取りに用意してあったスペアーエンジンをばらして見たら

これが出てきた?

画像 258

クラック入ってますね?

良~く診ると

画像 259

最初からこんな状態でした

画像 260

唯一存在するこのサンプル(残骸とも言う)?

を元に来春までに作る事になりました。

泣いても笑っても日本に一台しか存在しない

車検の取れる珍しい車(三輪車らしい?)

どうせシングルですから

お任せ下さい!

最後は現物合わせで行きますね!

スポンサーサイト




現物合わせですか?
破片じゃなければ何とかなりそうですが・・・・・。

昔、零戦のピストン復元に少し携わりましたが、結構
大変でした。(切断して測定はNGなので)

頑張ってください!!
【2012/07/17 19:24】 URL | #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.