24日水曜日朝8時15分
朝飯抜きのももを乗せ、一路、多摩の獣医さんへ
平日で道も空いていて9時に到着
病院の中では犬種不明の緊急帝王切開が終わり
縫合中でした。
保育器に居たドベの赤ちゃんより小さいの赤ちゃんが6つ
そばに居たその犬の飼い主と思われる方に
これは何ですか?
と聞いてみたところ
ブルドッグですよ
との返事
初めて見ましたがすごく可愛い
でも成犬とのギャプが大きく
これがブルドッグに成るとは思えませんでした。
ももを先生に渡し、体重測定、13.7kg電卓を叩き麻酔の量を確認しブスリ
しばらくするともも、ぐったりと横に成るも
まだ動く、この子麻酔の効き悪いなの一言で
何とかをあと何cc追加と指示
やっとこさ動かなくなるもも
先生長めにお願いしますの注文に
そうだね長い方が似合いそうだとの弁に
お任せしますと返事し、椅子に座り
先ほどのブルドッグブリーダーさんと雑談
以前はボクサーを長くやっていて、今ブルドッグやっているとの事
ドベは生後2ヶ月で分かるけどブルは1年経たないとの事
それも魅力の一つらしい。
他犬種のブリーダーさんと会話していろいろ勉強なりました。
ブル母さんの覚醒も終わり、仔犬と帰って行きました。
ももの方も終わり、麻酔効いたまま車乗せて帰宅の途へ


IMGA0556.jpg

IMGA0555.jpg

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.