FC2ブログ
お客様からの質問で((純正ライナーはまったく使えないのか?))なんですが、本当は条件さえ合えば使えます

これは純正 Z1のライナーです

P5252463.jpg

完全にオイルが回り変色してます、おまけにペラペラ仕様です

P5252464.jpg

中にはこんなライナーも出てきます、Z1000です

P5252465.jpg

オイル廻ってません綺麗です、STDサイズなのでかなり厚いです

P5252466.jpg

さっき言いました条件とはボーリングしてもそれなりの厚みが残る事です、実際削って見ますとターカロイ松よりは柔らかいですが
 
10何キロ位走行したシリンダーを測定しても限界を超えてるシリンダーは少ないです、普通 5~6万㌔位は十分もつはずです

次がライナー外径に対してシリンダー内径がマイナス寸法に為ってる事、こちらがほとんど駄目なシリンダーが多く

その第一人者がカワサキのZシリーズです、では最初から緩いのか思いますと、最初から駄目ならメーカーでもボーリングで

手こずったはずですがそんな話は聞きませんので長年の経年変化でシリンダーが広がったのではと思ってます

これはスズキの1,100刀のライナーですが、これでもしっかりオイル廻ってます

P5252467.jpg

P5252468.jpg

刀の場合 Zより少しだけきつめになってるだけです、おまけにかなり厚いです

P5252469.jpg

Zの場合は他のシリンダーに純正ライナーを移し変える事は不可能ですが、この刀のライナーは此処だけの話、

ボアが73mm以上なら使えます、あちこち寸法を変える必要がありますけどね

結論はノーマルのライナーは悪くないんですよ、シリンダー側が経年変化で内径が広がり緩くなる事が原因です

最後はボーリング及びホーニングの寸法精度あるのみです。




スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 Piston Magic, All rights reserved.