老舗の内燃機屋でボーリングされたZ1のシリンダー、ピストンクリアランスがちと狭いので (手直しして)と持ち込まれ

測定してみますとピストン寸法 66.450に対してシリンダー上 66.460と.470 シリンダー下66.485と.490、完全なテーパーです

P4162432.jpg

それも全ての気筒が同じ状態、実際同じボーリングを行ってる身としては、ここまで綺麗なテーパー仕上げ、かなり難しいです

私には出来ない芸当です、それを 66.590~66.595に手直ししろとおっしゃるではないですか、普通でしたらお断りしますが

そこはほれ、なんですよ、(言い値で)との条件でやってみましたとさ

実際は下の取り代が僅かしか無いのにそれより上を段階的に多く取って行く、勘の世界です

通らばリーチ、駄目なら、、、でも貰うよの精神で望みます

P4162433.jpg

このての作業、ホーニング砥石のバランスを崩してしまうのでそれの修正が大変なんですよ。

これで (言い値)貰えそうです。




スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 Piston Magic, All rights reserved.