それではいきなり団子では無くいきなり仮組の図

P3162391.jpg

これで全ての寸法の確認が出来ました、と言いますのも Zもそうだったのですが組むたんびに上死点でのピストンの位置が変わる

酷いのになると#1と#4での位置が合わない等などの問題点に遭遇?その都度潰してきました

このスズキの1,100刀の場合はZよりその誤差が大きいには確認していたのですが、来るときは連続してきますが

こない時はええ加減来ないときもあり、すっかり忘れてましたが、この後5機連続して格闘しなければ行けませんので

治具を作った次第です

それと今回 72mmボアのピストンと申しますのはSTD,ノーマルボアで御座います

これは定番の74mm 1135ccを散々やりましたが、一部の例外を除きまして皆さん

((こんなに馬力要らない、早すぎる、開けられない))等の昔とは違う要望が多くありました、考えてみますとノーマルでも1,075ccあります、おまけに4バルブです

この要望の裏は((ほどほどの馬力で安心して開けられて振動が無くて耐久性が有る事))となりますね、刀は

Zより馬力でます、が乗る側の年齢と供に体力は低下していきますね、よって刀特有の振動の問題(ピストン周りが重い)

時代と供に替わって来ました要望に応えるべく色々考えた挙句の回答がノーマルボア、ノーマル排気量です

ではそのピストンをご覧あれ

ノーマルピストンにリングとピンとクリップが一個付いた状態(クリップ一個は捨てました)

P3192396.jpg

に対して同じ条件での新作 72mm

P3192394.jpg

この軽さがどれだけ振動改善と性能に貢献するかは73mm、74mm,76mmで確認しております

当然刀もライナーの問題もありますのでターカロイ松に交換、ライナー外径ノーマルより 1.5mmほど大きいですが

クランクケースにそのまますっぽり収まります(中には当るのがあるかも?)

今回の測定で私が合わせれば容積比 12.0:1までは行きます、下限は10.3:1辺りです

このノーマルボアの計画に賛同して頂きましたマコトさんのエンジンは、容積比 11.0:1で組みます、いや合わせます

とあるお客さまの依頼で始まりました GPZ1,100の72.5mmSTDボア仕様、一昨年勢いで作って大好評の Z1 66mm仕様

そして万を侍しての 1,100刀の 72mm仕様 まさかこんな仕様を望まれる時代が来るとは?

それも時代です、頑張って行きましょう、後どれだけ行けますかね?

P3192397.jpg
 













スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 Piston Magic, All rights reserved.