久々の登場、FX-Ⅱに70mmを組みます、全ての加工が終わりましたクランクケースとクランクシャフトとコンロッドを整列

P7031967.jpg

この時の絶対的な条件、クランクジャナルを磨き上げる事、先日投入しました大きいバフで行います

モーターのパワーに負けないように両腕のみで磨きます、モーターに負けてクランク落したら足の上です

磨きましたら綺麗に洗浄して乾燥させますとこんな感じです

P7031966.jpg

P7031965.jpg

此方も洗浄して乾燥させましたクランクケースにクランクをセット

P7021958.jpg

クランクジャーナル五箇所にプラスチックゲージ適当な長さにカットしてセット

P7021960.jpg

今回のエンジンに付いてましたメタルに識別のマーキングがありませんでした、こんな場合はクランクジャーナル径を測定した結果

一番厚いメタルだろうと目星をつけまして測定します、アッパーケースを被せて全てのボルトを規定トルクで締め上げ分解

P7021959.jpg

最大で 、051mmより気持ち広めの 、055近辺です、残り4箇所もほぼ同じ値でしたので一回で終わり

続きましてコンロッド大胆部測定、ここはちと面倒です、何せコンロッドが動かないようにしてナット締めるしかありません

動いたが最後でやり直しです、此方も無事終了、ちと光って見にくいかと思いますが

P7021961.jpg

狙った通り 、038mmより気持ち広めの、040mm位です、使ったメタルはジャナーナル径より中間を使いました

P7021963.jpg

と無事終了。


















スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.