今までに組んで来まして、その過程でどうしても納得行かない謎の部分が存在しておりました

その部分はシリンダー下面を加工してシリンダーの高さも0.01mm以内に抑えてるにも係わらず

シリンダーをセットして全体を締め上げても#1と#4のシリンダー面とピストンの位置が合わない?

薄々は判って居た事ですがクランクケース上面が出てない、それだけのことです、ここの加工たぶんケース合わせ面、

そう加工面を基準に加工されてるらしくダイヤル走らせると斜めになってる物、波打ってる物を確認しておりました

圧縮がそれほど高く無い一般市販車に置いて無視できる公差の範囲との判断でしょうが、加工及び組む側としては

何とか為る物だったら何とかしたいと考え、ケース下面では無くクランクシヤフトベアリング取り付け位置から拾うのが基本

であろうと少ない脳みそで考えたあげくチト特殊な固定治具を作りまして何個かを加工してみました

P2051788.jpg

加工中

P2041785.jpg

そしてマイクロで測定して見ますとベアリング取り付け面より加工した上面まで0.01mmの誤差は出ない事を確認

それでは早速組立て見ましょう

P2241783.jpg

こんな時は早く確認したくて忘れ物したりしますので伸張に、でも何時もよりテキパキと進みます

スタッドボルト付ける前の最後の記念撮影

P2261768.jpg

P2261769.jpg

二個づつ挿入から4個同時挿入に変更しまして、あっと言う間に完了(シリンダー被せるだけなら 3秒でオン)

P2261772.jpg

シリンダーに規定トルク掛けて測定して見ますと、#1と#4にてまったく同じ数字を確認しました

P2261773.jpg

これで今までグレーな部分の解明に成功しました、これでオイル漏れともおさらばです

ピストン頭も圧縮落しました

実際ここの部分どのエンジンに置いてもちゃんとした寸法指示がありません自分で決めて行くしか無い部分でした

それなりの数測定の結果ここの寸法、かなりの誤差と言うか公差と言うか(公差にしては多き過ぎる)がありました

今までピストン、シリンダー、ベースガスケットの厚み統一しても最後のスキッシュ部のバラツキが出てベースガスケット

交換したりカムチェーンテンショナーの張りのバラツキに???したりとスッキリしない部分でした

シリンダーヘッドまで組んだ所で部品の発注忘れ発覚、まあ、こんなもんですよ

P2271776.jpg


これで 90%までは管理下に置ける事ができます、そして最後の砦に挑みましょうかね、そのうち、待ってろよ~。

















スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.