Zに比べると圧倒的に少ないGS1000の加工、珍しく3本のシリンダーが舞込んでまいりました

P1181703.jpg

その中で黒く塗装されましたシリンダーのみクランクケースのボーリング依頼でしてこのライナーノーマルより外径を 1mm大きくしてあります

P1191707.jpg


ケースをフライスにセットしまして試しにシリンダーを載せますと、あ~ら不思議入りました、ノックピンも付いてあります?

前回は入らなかったのですがクランクケースノックピンの位置が良かったのでしょう、入りました

がせっかくセットしました事ですし後々の発展も考慮しまして、内径 81.5mmで掘ります、このサイズ楽勝で76mmが可能です

排気の一、二番側、この場所が一番当たる所です

P1191708.jpg

排気の三番、四番側

P1191709.jpg

吸気の一番、二番側、この二番側は曲者です

P1191710.jpg

同じく吸気三番、四番側、ケースノックピン位置が左に寄ってるらしく僅かにしかけずれません

P1191711.jpg

終わった所でノックピン付けてシリンダーをオン、シリンダーの定規を当てて隙間確認

P1191716.jpg

これで 1.5mmほど有ります、計算です?

因みにGS1000のケースに Z1のシリンダー載ります

P1191717.jpg

ただそれだけですけど。











スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.