それではGPZ 1100F組立ます、基本キックの無いZ1です

PB261578.jpg

一気にシリンダーまでセット

PB291584.jpg

73mmピストンさん頑張ってね、現在進行中の73.5mmはこれより頭が少し高くなります

PB291589.jpg

このGPZ 1100F インナーシムですのでシム交換の為、カムシャフト外すしかないのですが、意外と面倒ですが

三箇所気持ち狭いですが事前の微調整で取りあえずバルブタイミング測定できますのでそのまま続行

PB301591.jpg

EX 105度に

PB301593.jpg

 IN 105度にセット、このノーマルカムヨシムラのST-Ⅱに匹敵する位のリフトと作用角あります、痺れますね

PB301594.jpg

そしてここからが本番、一番大事な部分のピストンとバルブのクリアランスを測ります

PB301592.jpg

全ての数字はクリアーですが、別のお店で測った数字とチト違います、なぜ???

現物を比較して検討の末、判明しましたが内緒ね、そこの部分は又後日に、、、

この手の数字はピストンのリセス位置を決定する為、コンマ台の違い、狂いは有っては為らないのです









スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.