近年の旧車ブームに乗り、テイスト始め各地で行われております草レースの盛況な事、40数年生き残ったZやGSが全開で

疾走する姿を見るに付け感慨深い物がありますが、旧車の草レースとは言え、そこは競技の世界、他人の前を走りたい

先にゴールしたいと思うのは人の常、当然要求される中身のエスカレートしてまいります

事の発端は(○○レースをやっておりますが、若くも無いし後何年出れるか?後が無いのでお願いします)

の一言、本当はこのサイズ避けて通りたかったのが本音ですが、そこまで言われるのであれば一肌脱ぎましょう

そのかわり後で扱えない等と言わないで下さい、ある程度のコントロールはしますが?

Z1/マークⅡ専用 76mm 

PA121397.jpg

PA121398.jpg

マークⅡの燃焼室容積を元に圧縮 12.0:1あります、Z1の場合はそれ以上あります

PA121399.jpg

作るからには今出来る技術を投入しましたのがココ

PA121400.jpg

大きいサイズには採用して居りましたが小さいサイズには入れようが無かった軽量化の為の加工

PA121401.jpg

マッチ棒の先っぽサイズの刃物で加工します、これも長年の積み重ねの末たどり着きました技、もう少し行けそうな予感?

今回はこの辺で止めときましょう、ご依頼のお客様には順次連絡致しますのでシリンダー用意しておいて下さい。

また一つハードルを上げてしまいましたね?








スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.