事故から10年の歳月が過ぎ、佃さんのエンジンを復活させるべく分解したのですが、左クランクケース

ベアリング圧入部が広がり、常温でも簡単にクランクシャフトが外れる状態ではどうにもならずスペアーを送って貰いました

ここのベアリング圧入部、常温で外れるようでは完全に隙間が出来ておりますので、ピストンの上下運動の反動で

いずれクランクケース割れます

P7271226.jpg

ボルトの齧りも無くかなり程度良しと見受けられます、オイルは汚れてますがスラッジらしきものは見受けられません

P7271227.jpg

コンロッド小端部も齧り無く良好

P7271228.jpg

意外と段が付き易いクランクシャフトも珍しく新品状態です

P7271229.jpg

で、問題の圧入部、クランクエンドにカラー付けて銅ハンマーで叩いてもビクともしません

P7271230.jpg

これくらいしっかりしてないといけない場所です、簡単に外れるようではケース終わってます

よって、クランクケースもクランクシャフトもミッションも全てこのエンジンを使います

いくら佃さんの意思を継ぐとは言え、ケース割れては意味がありませんので安全優先で行きます。






スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.