色々ありまして長~いお盆休みより復帰しました

二年前作りました 73mmはあくまでストリート前提に圧縮を 11.0:1で止めてましたが Zの73mmの結果を踏まえまして

一部に要望が有りましたのでGSにも 73mmのハイコンプ仕様を作ってみました

今回の変更点はとにかく圧縮を高く、おやじさんのST-Ⅲカムに対応するリセスの確保、ピストンピンの軽量化

それに伴うボス周りの形状変更、スカート形状の見直しなど等

P8190840.jpg


二年前のと並べてみます

P8200841.jpg

二年前のが206gに対して今回のは 208gです、頭サイド形状も見直しまして頭も盛り上げました

P8200842.jpg

結果圧縮ほぼ 12.0:1を確保しました、ピストンで重くなりました 2gはピストンピンを短く軽い仕様に変更して 

12gほど軽くなりましたので、お釣りがきました

P8200843.jpg

それとは別に以前からの検案事項のヘッド、この二段テーパーの燃焼室が曲者です

ZとかGSのように半球形にしてくれれば話は簡単なんですよ

P6260766.jpg

これに対応出来るように作ってみました、このカワサキ1100系のピストン ピン径とピンハイトが同じなのです

バルブ周りのサイズも近く追加工にて対応可能と判りました

P8200843.jpg

これで目方も 200gありません、問題はこれで圧縮がどこまで稼げるかのみです

測定の結果、シリンダーをコントロールすれば 11.5:1までは何とかなります

P8200845.jpg

これでこの後に手がけますこのヘッドのレーサー用のボアの決定範囲が狭くなってきました

GPZ1100Fの流れを汲む燃焼室形状のエンジンもこの形状を変化させれば何とかなります

上記の事を踏まえまして、今回のGS1000用 73mmピストンは圧縮 10.0:1から12.0:1までのワイドレンジを実現しました











スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.