今年も色々ありましたが来年こそはスムーズに事が運びますようにと?仕込みを終わらせまして

PC272244.jpg

ストーブさんに活躍して頂きまして

PC252240.jpg

珍しい物とご対面

PC272242.jpg

今年最後のクランクチェック

PC272248.jpg

同時進行してましたエンジン、予定どうり部品が間に合いませんでした

PC272253.jpg

年明け早々に完成予定です

それでは皆さん良い年をお迎え下さいね。




スポンサーサイト

何かと手こずりました FX-Ⅲ 70mm何とか年内に完成しました

クランクシャフトオイルシール、メーカー廃盤から最後はチェンジシャフトオイルシールの問題?

これはカバーのオイルシール圧入部の径が大きく為ってましてオイルシールがす通りするしまつ

PC212233.jpg

ここです、試しにシール圧入部を大きくして液体ガスケット付けても駄目でした、別のカバーに交換して解決

PC212234.jpg

残りのカバー類はバフ掛けでピカピカですのでゴミ袋被せてお持ち帰り頂きました

PC222239.jpg

これからこの手の古いエンジンも純正部品の調達に苦労しそうな時がきそうです。






1,100刀のクランクシャフト、手こずりましたが思いの他、良い塩梅に仕上がりました

中々硬くてしっかりしたクランクでした、此処だけの話、今まで相手しました刀のクランクへなちょこな物もありまして

だけどそれしか無いはどうにも為らない世界です

替わって嫌がってましたスタッドボルト、一本、この時期外でいくらバーナーで焼いても外気温度が 6~7度の場合

クランクケースの面積が大きいので焼いてるそばから冷えて行きます?いくら焼いても熱くなりません

こんな時は、これです

PC162229.jpg

ケース全体を焼きます、素手では持てない温度まで焼きます、部屋も暖まります、これで一発で外れました。







周りの師走、師走との騒ぎにつられて年度末関係ないのにジタバタしております、取りあえず来年の仕込み

黒刀分解

PC152221.jpg

PC152222.jpg

何事も無くバレましたがクランクシャフトさんが思いの他、あっちむいてホイです

PC152226.jpg

およよ

PC152227.jpg

今までで最大?、こんなクランクシャフトでも、棒とうります

PC152228.jpg

さてさてどうなります事やら、見なかった事にもできませんので気合を入れてしばき倒しましょうね

覚悟は良いかクランクさん。






なんだかんだと無くなります純正部品、気がつけば 今だ形に為らない D1と KZ900の部品にまで手を出してしまして

補充しました

PB302192.jpg

この袋の中身は純正でも高額な部品ばかり

PB302193.jpg

請求書みて驚きましたが、絶対使う部品ばかりですので納得しましょう

これが無くては始まらないヘッドガスケット

PC042210.jpg

当分は大丈夫でしょう。





粛々と次の準備でも始めます

PC092212.jpg


Z 903のエンジンですがバラバラで来ましたので全ての部品が有るか確認中?

案の定、幾つかの部品が来ておりません、御殿場のお客さま連絡下さい。






今年すったもんだありました刀のお客様よりのクリスマスプレゼント?

PB302197.jpg

こげなしゃれたもん、何年も口にしてませんから胃袋びっくりするかも、正月にでも舐めますかね。

おありがとうございます。






さてさて色々問題のオンパレードでした ZⅡ改、最後の問題は

PC042212.jpg

何気にこんな所が?もしやこんな所も?

PC042213.jpg

錆からの腐食です、でも此処まで来るにはかなりの月日が?こちらも

PC042216.jpg

となると?

PC042219.jpg

保持機が腐食でガタガタご覧の結果、おまけに?これも腐食からの進化?

ベアリング以外は常に持ってますがベアリングは無かったので速攻で送って貰い

PC042217.jpg

PC052220.jpg

組み付けて完成、今回は色々ありましたが初めてお目に掛かった部品等など、こんな組み方も出来るのね(絶対やりません)

勉強になりました、今回の仕様

ZⅡクランクの73mmピストンの 971cc、圧縮  11.1:1にヨシムラ ST-Ⅱカム、 ドリームクラフト製 6速ミッションでした。







事前の測定値で上死点に置いてスキッシュクラアランス確保出来ないのを確認しましたので、早速ぶっ飛ばします

旋盤に治具のベースを固定しましてピストンにピッタリ合う様にに加工しまして、ピストンを固定

PB302194.jpg

後はぶん回しまして引くだけです

PB302196.jpg

この治具毎回製作です、これで準備完了、何時ものように一気に行きます

PC012198.jpg

久々の ZⅡ用 73mmの立派な頭です

PC022205.jpg


ここで上死点を合わせて

PC022203.jpg


#1と#4の上死点位置を確認後クランクを回して#2と#3の上死点位置確認

PC022206.jpg

シリンダーヘッド被せまして規定トルクで締め上げカムシャフトを取り付けシム調整、面倒なインナーシムですので

一回の組み換えで終わらせたいところですが?、無事一回で完了

一箇所 245 一箇所 255 で残りは全て 250のシム完了、バルブタイミング調整、カムはヨシムラ 2カムです

PC032207.jpg


カムとスプロケットの位置がだいぶズレてましたのでそのまま測定、公表できない数値組まれてました

結果、カムスプロケットボルト痕がこんなに位置になってました

PC032208.jpg

後はスターター周りを付けてと?

新たな問題発生です、部品来るまでしばし休憩?






中々楽しませて頂いておりますZⅡ改、仮組までまで完了

PB292189.jpg

今の加工の仕方、組み方ではあくまで寸法重視で追っかけるですが、今回のシリンダーの高さが思ったより低いのと

ZⅡの場合の位置確認してませんでしたのでちょうど良い機会ですので、再確認の為、仮組しましての確認です

計算どうり上死点に置いてライナー上面とピストントップラウンドがほぼ面一、計測の結果ピストン側が 0.02mm低い

ヘッドガスケットの厚みを考えましても此れでは狭すぎでこれ以上厚いベースガスケットはありますがそれだとスカスカなんで

ここは気持ち良く ピンハイトの変更を行います

PB292190.jpg

これで全ての数字からの位置確認が出来ましたので次回からは一発で合わせます。

めでたし、めでたしでした。







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.