取りあえず溜まったシリンダーをやっつけるべく頑張りましたが昨日までの暑さでは如何ともし難く、めげておりましたが

昨日の夕方より涼しくなりましたので、意を決しまして昨日の内に準備しまして今朝は日の出と供に出勤?

バリバリとボーリングにホーニングにと励みまして夕方には最後の一本 ZⅡの 66mm仕様のボーリング仕上げ

このボーリング、熱の問題で粗削りと仕上げに分けての作業となり条件も異なりますので時間が掛かります

そこを如何に効率よくこなすか、そこが問題です

P8312053.jpg

ボーリングの粗削りが終わりましたらシリンダーが冷えるまでの間ホーニングに勤しみます

P8312052.jpg

此方も熱との戦いです、エアコン全開、室温 20度で寒いです、ホーニング終わりましたらひっくり返してオイル切ります

P8312054.jpg

一服しまして先ほどのボーリングの仕上げします、全てがこの仕上げで決まると言っても過言ではありません

明日、ZⅡ用 66mmホーニングすれば一段落です

追伸

1,100刀の76mmピストン、どえらいのが完成しました、何とか間に合いそうです。(詳しくは後日)





スポンサーサイト

この暑さにめげずフル稼働中で御座いますが、中々昼間は手が出せず朝も早よから格闘しております

P8272048.jpg

それにしても良く集まった物です、やっとターカロイ松、圧入まで終わり順番でボーリング、ケース加工待ちのシリンダーはそのままに

P8282050.jpg

その後ホーニングへと流れ作業状態です、でも精度は維持しないといけませんので慎重に進めてます

早く涼しくなりますように?





以前作りまして皆様より絶賛のお声を頂きましたGPZ1100F用 73.5mm

大事に隠してました最後の一台、行き先が決まりましてシリンダーの加工ですが、このGPZ1100Fや1000Jのシリンダー

物に寄っては赤丸部が凹んでる(タレてる)物がありまして凹みが大きい場合は先に一度面を出すしかありません

このシリンダーも凹みが大きく、一発引きましてから反対側を引くと行った厄介なシリンダーです

P8232047a.jpg

これをなめて掛かりますと最後にどえらい事になります

P8232048a.jpg

今回 1000Jのシリンダーも来てまして、シリンダー内径GPZと同じ寸法で加工しましたが、残る肉厚は 1000Jの方が

1mmほど薄くなります、外観は似てても各部は排気量なりに変更してあります、さすがカワサキさん。







ちと過充電ぎみですが、後半の部始めます、取りあえず溜まったシリンダーから

P8212044.jpg

此れとは別に珍しく1,100刀さん二本、76mm用です

P8212045.jpg

それでは気になります加工後の厚み?

P8212046.jpg

これだけ見ると楽勝と思われる人も多いかと思いますが、問題は 1と2そして3と4シリンダー間の冷却穴

P8212049.jpg

この部分を差し引きますと、残り 2mmとチョイしか残りません

因みに今回の仕様は、ボア 76mmに対して残りライナー厚さ 2.5mmです

さてさて後半の部も忙しいので頑張って行きましょう







暑さ厳しき今日この頃、8耐も終わり、クーリー氏との会えたし、任務も終わり、部品も入って来ませんので

明日から暫しお休みします

P8052040.jpg

田舎で墓掃除と草むしりしてきます、充電終わりましたら帰ってきます。






思えば三年前にZ750GP以来のザッパー650の流れを汲むFX-Ⅲ、70mmの組込みです、Zと違い欠品部品も有り

中々厄介なエンジンになりつつあります、面白い点はザッパーと共通点も多くキックが付く所、このエンジンもオーナーさんの要望で

キックを取り付ける事になりました

P8042037.jpg

ところが中々上手く行かずおかしいな~と思いキックシャフト分解しましたら組み立て時の合わせマークがトンチンカン位置に居ました

P8042039.jpg

バッチリです、ロアーケースを被せまして完了

P8072041.jpg

お次はスターターシャフトあんどワンウエイを付ける段階でアレ無いぞ?

P8072042.jpg

仕方なく新品手配するはめに?




本日はヴィヴィオ二号車の車検で車屋さんに代行依頼、車検場に着いたら(バッテリーが終わった)と連絡あり?

P8022031.jpg


車検場まで予備バッテリーの配達

P8022032.jpg

無事車検は完了しましたが、セルモーターの回り方が弱い、バッテリー電圧測定?

12.1ボルトしか有りません?昨年の夏ハイエースのオルタが逝って、急遽レンタカーでお出かけ

そして一年後、ヴィヴィオ二号車のオルタが逝ってしまいました

P8022033.jpg

二年続けてのトラブル、予備のオルタ引っ張り出して念のためオーバーホールに出して使う事にしまして

二号車、暫くお休みします。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.