年が明けたとある日の訃報、熊本出てきてお世話になったバイク屋の友、天国へと旅立ちました

思えばバイク屋閉めてから25年の月日が流れその折、バイクで遊んでました皆が集まり供養会となりました

P1281742.jpg

当時、ちょくちょく宴会場と化した寿司屋の大将、変らずお元気なによりです、私の事思い出さないで適当に会話してた人です

P1281740.jpg

今回の言いだしっぺ、昨年死に掛けたおやじその1

P1281738.jpg

何かとヨシムラと関係の深かった床屋のおやじその2

P1281744.jpg

昨年墓穴掘って辞職なさった方に似たおやじその3

P1281747.jpg

最近売り出し中、寒川のトランプ?

P1281755.jpg

当時高校生だった者もみんな立派なおやじになりました。












スポンサーサイト

今月のノルマも先が見えて来ましたので分解途中のエンジンと格闘?

ここ数日の中では暖かい日でしたのですんなり外れてくれると思いきや

P1271732.jpg

手強い、しぶとい、外れたがら無いスタッドボルト

P1271733.jpg

そんなしぶといスタッドボルトとは裏腹に何事も無かったようにその場にたたずむライナーさん

P1251726.jpg

君は手間の掛からないなんて良い子なんでしょうかね。









順調に今月のノルマかたずけます所に送られて参りました1,100刀シリンダー

P1251729.jpg

スズキの刀シリンダーはZより後に作られてますので((Zよりははるかにましだ))と思われてるユーザーさんも居られます

そう思われてます刀オーナーさん、しかとご覧あれ!

まず外しましたライナー外径 79.10mmあります

P1241723.jpg

その数字をシリンダーゲージにセットしまして、この寒空にシリンダーを放置、放置の理由は室内は20度近辺に保たれます

温度の低い方がアルミの膨張も少ないので多少なりとも内径が小さく出るようにとの親心です?

ころよく冷えたところで測定開始

P1241721.jpg

ようく見て下さい、0点が 79.10mmの所です

P1241722.jpg

この状態でライナー外径より シリンダー内径は0.015mm小さいだけで、このまま室内に放置しますと

シリンダー内径、ライナー外径と同じになります、と言う事は常温で圧入公差ほぼゼロと言うことです

今まで調べました刀、1,100シリンダー大方ライナー外径よりシリンダー内径マイナス0.02mm位でしたので

このシリンダーが甘かったと言う事ですが、他のもZと大差無しとの判断です、このシリンダー、結果次第で

ライナー打替て良いとの条件でお受けしましたので予定どうり進めます

1,100刀のユーザーさん、これが現実ですよ(空冷四発みんな50歩100歩です)










なんだかんだと毎年恒例にドタバタの 1月ですが、この時期どうしても集中しますシリンダーの山、山

P1221723.jpg

でもこの仕事ベストの時期は春と秋ですが意外と夏より冬の方がやり易いのです、部屋の温度上げるのにお昼までは係りますが

一度上げてしまえば暖房切らない限りそう簡単には温度下がりません、必然的に遅くまでやるはめになりますけどね

シリンダーが終わらない限り手前のクランクには手を出せませんが

P1221724.jpg

後八日有りますので何とか為るでしょう~?

と言いながら懲りもせず、来月分のシリンダーが舞込んで来てますので三月までは地獄の日々が続きます、あ~めん!








Zに比べると圧倒的に少ないGS1000の加工、珍しく3本のシリンダーが舞込んでまいりました

P1181703.jpg

その中で黒く塗装されましたシリンダーのみクランクケースのボーリング依頼でしてこのライナーノーマルより外径を 1mm大きくしてあります

P1191707.jpg


ケースをフライスにセットしまして試しにシリンダーを載せますと、あ~ら不思議入りました、ノックピンも付いてあります?

前回は入らなかったのですがクランクケースノックピンの位置が良かったのでしょう、入りました

がせっかくセットしました事ですし後々の発展も考慮しまして、内径 81.5mmで掘ります、このサイズ楽勝で76mmが可能です

排気の一、二番側、この場所が一番当たる所です

P1191708.jpg

排気の三番、四番側

P1191709.jpg

吸気の一番、二番側、この二番側は曲者です

P1191710.jpg

同じく吸気三番、四番側、ケースノックピン位置が左に寄ってるらしく僅かにしかけずれません

P1191711.jpg

終わった所でノックピン付けてシリンダーをオン、シリンダーの定規を当てて隙間確認

P1191716.jpg

これで 1.5mmほど有ります、計算です?

因みにGS1000のケースに Z1のシリンダー載ります

P1191717.jpg

ただそれだけですけど。












以前作って貰いましたシリンダーを固定する治具、厚さ35mmの鉄、カワサキ用です、40キロ以上あります

Z/1000J/GPZ1100までカバーします

PC231650.jpg

スズキ用も作ろうと思いましたが専用製作すると大変なのでこれをスズキ刀用に細工します

細工前

PC231651.jpg

細工後

PC231652.jpg

これでスズキGSも刀もかなりのサイズに使えます、しかし思い、次は軽量化を考えなければ腰が持ちません。











今回の初荷の2エンジンポイントのビス、頭が潰れておりました、それも三本全部?

P1071675.jpg

P1071676.jpg

P1071677.jpg

巷で評判のネジザウルスでも緩む訳もなく、一箇所溝を作り、ひたすらタガネと銅ハンマー叩くのみ

P1071678.jpg

此方は昨年暮れに分解しましたKZ1000のクランクケースセットボルト、8mm

P1071679.jpg

付いておりませんでした、同じくケースのセットボルト6mmも3本居ませんでしたが?

これだけボルト無くても条件良ければオイル漏れないもんですね?







先日の初荷の2、分解しました、取りあえず上死点に合わせてカムチェーンの掛け違いなんぞ無いか確認

掛け違いは無いのですがクランクのガタ、カムチェーンの遊びが酷い?レンチを掛けたままの上死点

P1111686.jpg

そこからカムチェーンの遊びの分だけ戻しますと

P1111685.jpg

試しにカムチェーンテンショナーの遊びを取っ手上死点へ

P1111687.jpg

そこからカムチェーンの遊び分戻して、相変わらず遊びが有ります?

P1111689.jpg

カムチェーンテンショナーが押してるはずなのにこの遊び、あれ、あれしか有りません

確信の部分は後ほどにしてヘッドナットのワッシャーの位置が違いますよ

P1111691.jpg

此処にはオイルラインはありませんよ、銅ワッシャーはこっちですよ

P1111690.jpg

ヘッドとシリンダー外して確信の部分、これしか残ってません、肝心な部分居ません?

P1111695.jpg

どっちが先かは判りませんがシリンダーの溝もこの状態

P1111696.jpg

これではバルブタイミングもヘチマも無いですから、そりゃあ調子も悪いでしょうね。

下は後日分解しますがクランクもすんなり回りますのでこれと言ったダメージの無い事を祈りましょう。










今年最初の荷物到着、初荷ってやつですね

P1111681.jpg

何とか間に合いました、もう一つは

P1111682.jpg

とにかく調子悪い、オイル食う、煙出すぎ、アイドリング安定しない???

P1111684.jpg

さてさて何が出て来ます事やらです。今年も忙しい日々が続きそうです、ありがたや~???







明けましておめでとう御座います、本日より始動致します

P1091680.jpg

今年も宜しくお願い致します。(成人式に行って来なきゃあ)


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.