ここの所 1,100刀の 74mmピストンがあれよあれよと出て行きまして、それに伴いボーリングの日々です

P7310830.jpg

1,100、74mmの場合シリンダーボーリングのみで行けるのですがやはりそれなりの月日が経ってますので

一度ライナーを引っこ抜きましてベース面を一発引きます、これにより完全な平面を作り直しライナーを入れます

P7310831.jpg

以前にもお見せしましたがZとどっこいのオイルまみれのライナーが出てきますので綺麗に洗って入れます

ボーリング時にシリンダー上を面研して完全な平行を作り直します

ノーマルの場合意外と波打ってたり斜めに為ってるシリンダー多いです

出来ればライナー打ち替えが最善の方法なんですがそこはお財布との相談ですね

分解時にポッキリ逝ってましたフィン欠けも職人さんが頑張り修復できました

P7310832.jpg

明日にはホーニング終わりますので追って連絡致します

で一つ終わり掛ければまた一つ舞込んで参ります、お客さまの要望でのライナー打ち替え

P7310833.jpg

以前まとめてライナーを作ってあります

P7310834.jpg

組み合わせるピストンは純正ノーマル?

P7310835.jpg

刀の場合、ピストンの供給は無くなりましたがSTDピストンリングの供給は有りますので

ノーマルの性能で乗りたい方には、これも有りかと思いますが意外とお金掛かりますよ

どんな形で乗り続けるかはお客さま次第です、いずれこの方法に替わる案をお見せ致しましょう。

それにしても重いピストンですね、これも振動の源かと。











スポンサーサイト

先日のベコ用 73mmピストン完成に合わせるように遠く福井県よりエンジンお持ち頂きました

P7270832.jpg

750刀の予備のエンジンとの事ですが基本同じです、此方も久々のご対面です、20数年前やったきりですね

やぐらに乗ってるだけですと都合が悪いので早速エンジン台の製作、たしか誰かが750のフレームに1,100のエンジン

乗るような事言ってましたので刀1,100のエンジン台合わすますが、まったく合いません(ガセネタでしたね)

近いエンジン台を仮に付けて採寸、材料を切り出します、後足は Z用を一つ、前足は長めのヤツをカットして

P7280835.jpg

中ぶらりん状態で床に寝転んで仮止め、後は外してしっかり溶接して完成

P7280836.jpg

オイルパンのクリアランスをギリで合わせ無いとヘッドが高い位置に来てやり難いです

P7280838.jpg

これで保管にも使えます、何せ20数年振りの分解ですので後日、現状確認しながら分解します。

P7280839.jpg

1,100エンジンより軽くて助かります。






お客様よりの頂き物、ありがたや~で御座います

P7270833.jpg

煎餅と怪しげな名前の大好物ですね、ありがとう御座います

私だけ良い思いしては申し訳無いのでももにもスイカ買って来ました

((もも、アタック、行け~、齧り付け~))

P7210818.jpg

このままでは手も足も出ません、つんつんもしないでどっか行きました。








有ると重宝しますエンジン台の組立準備です、なにが面倒かと言いますと材料の切り出し

今回は材料屋さんで切って貰いましたがバリ取り穴あけは自分でやります、これ Z用の足

P7270827.jpg

ここの部分です

P7270834.jpg

各エンジン用に20基分ほど準備してます、保管及びケース組立用にこんなのも使ってます

Z用

P7270829.jpg

ゼファー用

P7270831.jpg

GS用

PA060402.jpg

でもこの時期の溶接はめげますね











Zに関しましてはかなり頻繁に加工以来がきますので各加工時の寸法頭に入ってますが

忘れた頃に送られてきますGSのシリンダーやらケース加工時の寸法、頭に入ってませんので前回のデーター探しからです

終わった物はとっとと送り返しシリンダーもボーリングが終わりホーニング待ち状態

P7230822.jpg

P7230823.jpg

久々の944ピストン

P7230825.jpg

これを比べてましたら変な事を思いつきました、本来来年やろうと思ってたのですが

P7230826.jpg

ノーマルシリンダーをボーリングのみで使えケースボーリングも要らない 69mmの 850cc仕様

スズキの資料調べてましたらGS400にもそのまま使えそうです、やってみようかな?








1,100刀が終わりましたので次のゼェファー855の準備です

お客様のご要望で6速にします、準備頂きましたドリームクラフト製インプットシャフトとアウトの 1速

P7010781.jpg

これを使う事によりノーマルの低い 1速が 2速に近づきまクロス化になります

結局、出番の無くなりましたノーマルミッションアッシー

P7030783.jpg

全て新品部品で組みました 6速アッシー

P7030784.jpg

シリンダー及びヘッドの加工も終わってるのですが

純正部品が揃いません、揃うのにしばし掛かりますので、今暫くお待ち下さい。








ピストンの組み付けも終わりシリンダーヘッドを取り付けてヨシムラのST-1を組みます

今回のカムチェーンはアドバンテージ製ゴールド、ドラブチェーンと同じでこれから色が選べる時代が来そうな感じです

P7150812.jpg

カムシャフトの取り説に有る位置を確認、インテークはピッタリ

P7150813.jpg

エキゾーストは

P7150814.jpg

少しズレてますよ江口君、絵の位置も逆ですよ川口君?

カムスプロケットボルトを遅い位置で締めてバルブタイミング測定、まずはインテークオープン

P7150803.jpg

インテーククローズ

P7150804.jpg

エキゾーストオープン

P7150805.jpg

エキゾーストクローズ

P7150806.jpg

指定はインテーク 17.5の47.5の105度に対し18の45の103.5度で少し早いですカムチェーンの初期伸び考慮して良しとします

エキゾーストは指定50の15の107.5度に対し47の17の105度と遅いのでカムスプロケのガタの分の早い位置で固定

49の15の107度に合わせてお終い、相変わらずほぼ合いますね、この後はピストンとバルブのクリアランス測定

基準の位置でアジャストスクリューの頭をダイレクトに押してインテーク、エキゾーストを測定

P7150807.jpg

この74mmピストンヨシムラST-2を前提にリセス決めてますのでST-1だとスカスカです

昔みたいにST-2を組むケースめっきり無くなりました、ST-2組むには中々面倒な作業が待ち構えております

圧縮 11.0:1の1,135cc完成しました

P7150818.jpg










先日ミッションドッグのダメージ大で8割のギヤーを交換しました1,100刀にピストンを組み込みます

まずはスタンダードと同じ厚みのベースガスケット 0.5mmで確認、ピストンは2013年仕様

P7130797.jpg


P7130798.jpg

確認する所はココ

P7130799.jpg

上死点でピストンが少し飛び出しました、ライナー打替時に下と上を面研しましたのでその分出ましたね

そのままでも行けるのですがストリートで使う圧縮では無くなりますので、圧縮のコントロール考慮して0.8mmを使います

ピストンリングコンプレッサーありませんので指と爪で押し込み、組んで行きます

P7140802.jpg

液体ガスケットを安定させる為一晩放置します。







先日にデトネーションにてエンジンブローしましたZ1R-Ⅱ、折れたピストンリングが暴れまくりましてこの有様でした

P7030792.jpg

む~ん、どうした物でしょうかね

P7030793.jpg

こんな時は溶接の上手な餅屋に任せるのが賢明です

送って1週間後帰って来ました

P7130800.jpg

P7130801.jpg

シートリングの光明丹は熱でどの位歪んだかの確認ですが歪んでいませんのでもっと電流上げても大丈夫です

細かいキズは面研で修正すます、ちょうどお客さまの来店され確認して頂きました、これでガンコートに回せます。








話が有ってから丸二年、やっと完成しました

P7080786.jpg

750の場合1,100よりバルブ径も小さく、燃焼室容積も少ないのでこれだけしか上げてませんが 11.0:1少し超えます

P7080787.jpg

P7080789.jpg

ノーマル 67mmピストンとの比較

P7080791.jpg

時代が違いますから比較には為らないのですが

P7080790.jpg

P7080792.jpg

スカートが短くなりましたのでライナーも短くなります

P7080793.jpg

よってケースボーリングも少し削るだけで行けますので皆さん頑張って下さいね、無理なら言ってください

P7080794.jpg

これに出会って早 4年、良い物とめぐり合えました、これも色々進化しております。









| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2015 Piston Magic, All rights reserved.