どうしてもお願いしますと

どこぞのシリンダーのボーリング

P6260334.jpg

良くみますと刻印ありませんね、車検通るのでしょうかね?

P6260333.jpg

ボーリングも終わり此れで終了のはずが、こんな事や

P6270339.jpg

こんな事までやる羽目に

P6270340.jpg

色々と問題の多いシリンダーとピストンでした。




スポンサーサイト

以前紹介致しました東海大学、フォーミュラークラブのSV650改エンジン

ベンチテスト終了しましたので組付けデーターを元に本番仕様に変更します

変更点はスキッシュクリアランスが以前のエンジン寸法と少し違ってましたので私の判断で狭く設定します

やり方はシリンダー上面では無く下面を引きます、本当は上面を引いた方が早いのですが

このシリンダーメッキシリンダーですのでメッキが剥がれる恐れがあります

なにせ東海大学フォーミュラークラブの一大プロジェクトですのであえて確実な方法でいきます

旋盤にてシリンダーの内側をくわえてダイヤルゲージでベース面の振れを確認、0.005位ですのでOK

一皮引いてみて寸法確認

P6270336.jpg


後は旋盤を廻して指定寸法まで追いかけて行きます

P6270335.jpg

と簡単には行きません、内側のメッキ部をくわえる訳には行きません、メッキと言えどもくわえると傷がつきますので

シリンダーの内側に挿入するカラーを作るのが面研するより時間掛かります

P6270337.jpg

材料、その辺に転がってるアルミ、カラー外径はシリンダー内径マイナス0.03mm、カラー肉厚1.5mm

内径及び外径加工はワンチャックのみで加工のコト

P6270338.jpg

で引き終わりますと

P6270341.jpg


P6270342.jpg

当然使う刃物はダイヤモンドです、これで圧縮比 13.5:1 さあ~どうだ!

此れで当たったらピストン引いて上げますよ、なんか学校の先生やってる気分です!




久しぶりにSRX600のシートカットの依頼です、当社97mmピストンをお買い上げ頂きボーリングまで済んでましたが

長く乗る為に送られてきました

シートリング一皮剥いて見ますとムシ食いが酷いです

P6250332.jpg

バルブもムシ食いが有りそのまますり合わせされたらしく段付有りでした

P6250333.jpg


P6250334.jpg

そのまま組んでも動くには問題無いですがムシ食いと段付は成長するだけでいずれリークして不調になります

はい、シートカット終了手仕上げです、これで当たり幅 1.0mm

P6250335.jpg

バルブも研磨して

P6250336.jpg

このバルブを研磨する機械、バルブリフェーサー(どっかで聞いた名のような?)

比較的厚みの有るバルブでしたら 2~3回は研磨できますが薄い 4バルブは難しいですかね

古い機械で代わりも無いので壊れたら大変です

P6250338.jpg

直打式のステムエンドも研磨出来ます

P6250339.jpg

今まさにこんな古い機械に頼る時代が来るとは思いもしませんでした

大事に大事に使って行きましょうね。

ハーレー用シリンダー、手持ちのトルクプレートでは合いません

それもそのはずアメリカは S&Sのビックブロック、スタッド位置も別物です

一からエンジン丸ごと作られたエンジン用ですがつくづく感心します

常々困った折、助けて頂いてますので

((専用トルクプレート作ってくれればやってあげる))と言いましたら作ってきましたTOP ENDさん

P6220327.jpg

因みに一つのプレート厚さ 25mm有り、平研でしっかり寸法合わせて有りますので上面の水平合わせは楽ですが

この状態での芯だしも大変です、ボーリングバーの刃を合わせられないので

SRXのシリンダーを使い事前に 100mmに合わせてから始めるしかないのですよ

P6220328.jpg

尚且つボーリング取しろ直径で 0.3mm、片肉 0.15mmしかないので

プレート上面が水平に合っていても元の穴がまっすぐ開いてるとは限りません

真直ぐ開いている事を期待して掘ります

案の定、少し斜めになってましたが何とかクリアーしましたが何気にヒヤヒヤ物です

もう当分無い事を期待します。




昨年作り御好評頂ました GPZ/ゼファー 750用 71mm ピストン

製作の順番が回って来ましたのでご案内致します

P6160326.jpg

1)  ピストン/リング/ピン/クリップ/ヘッドガスケットのKIT(価格は前回より安くなります)

2)  ターカロイ松ライナーKIT \ 40,000

3)  ライナー入替/ボーリング               ¥ 98,000

4)  ケースボーリング \ 20,000

5)  コンロッド加工                      ¥ 12,500

上記税別です

前回の加工内容から 3)と 5)に関しまして意外と大変でしたので少しアップします

それ以上にピストンKITを安く出来るように頑張りますので欲しい人、7月6日までに

当社HP,お問い合わせに((欲しい))とメールがお電話下さい。

情報

時を同じくしましてヨシムラよりこのGPZ/ゼファー750用の削りだしカムシャフト ST-1

が再販されるそうですので興味有る人はヨシムラに問合せして下さい。


コメントのお客様、当社ホームページにお願いします。








先日15年の生涯を全うしましたエアコンご苦労さまでした

P6150321.jpg

P6150322.jpg


そして昨日、隣町のおぢさんの知り合いのエアコン屋さん、糸さんに新しいのを付けて頂きました

P6160324.jpg

今回は今までヤツより強力なヤツを導入

さすがに新しくて強力なヤツ、全開運転二時間後に16時30分、30度近かった室温、はい

P6160323.jpg

思わず刀のホーニング終わらせました、この温度ですと熱の引けが早く寸法変化も極めて少なく

作業効率が向上します、三相200ボルトのエアコン安い買い物でした。




東海大学のフォーミュラークラブ様より依頼のSV用ピストンです

SV650のエンジンをレギュレーションに合せてボアダウン+400用ヘッドの組み合わせの

ワンオフピストンです

P6120302.jpg

P6120304.jpg

話が有ってからかれこれ半年掛かりました

エンジン担当リーダー佐藤さん、最初ももと会った時はビビッテましたが

今やお友達の一人です

P6120305.jpg

今後の事について色々意見交換しましたが、シリンダーは少し残念でしたね

来年の事は来年考えましょうね。

昨年お買い上げ頂きました刀 74mmのボーリング依頼がやっと来ました

ところがこのシリンダー左右で0.03mm斜めに傾いてましてそれだけならそのままでもと思いましたが

前後方向が0.07mm も傾いてましたのでちょうど良い機会ですので一度ライナーを外しまして

上面基準に下面を一発引きまして

P6080308.jpg

P6080309.jpg

再度ライナーを入れて上面の修正面研後ボーリングを終了してホーニング待ちの状態です

P6130307.jpg

下面と上面の研磨量は0.1mm位です

ここで事も有ろうか、この時期の生命線でもありますエアコンが動きません?

P6130306.jpg

隣町のおぢさんのお知り合いのエアコン屋さんに来て頂きましたらば基盤破損?

15年頑張ってくれましたので新しいのに入替いたします

刀のシリンダー1本とZのシリンダー5本残ってますが私の力では何ともなりませんので

ご依頼の皆様、新しいエアコン来るまで暫くお待ち下さいね。

昨年作りましたGS 1000用 73mmピストンをお買い上げのお客様より

シリンダーが送られて来ましたので早速ボーリング開始

上面水平を確認します、もし水平が出ていなかったり斜めに為ってましたら

この状態で面研します、このシリンダーは大丈夫でした

P6090313.jpg

このボーリング今回は70mmから73mmまで拡大します、かなりの熱を持ちます

ホーニングでの寸法精度を出せるか否かはこのボーリングで決まります

昔々エンジン作るに当たり外注に出してましたこのホーニングの寸法精度が私の要求を満たせず

終いには寸法指定で出してましたがそもそも環境温度が異なりますので出る訳ありませんでした

仕方なく自前で機械買って自分でやるしか無かったのです

バルブシートカットも同じで最後は自分でやるしかありません

3mmのボーリングが終わりますとこれだけの切粉が残ります

P6090314.jpg

残りライナー肉厚が2mmを割り込んだ下面

P6110310.jpg

此れだけしか作れませんので頑張って組んで下さい

因みにこのシリンダーの場合此れだけズレが生じてます

P6110312.jpg

P6110313.jpg

此れを解消するにはシリンダーを加工し直してライナー打ち替えるしかありませんが

普通使う分には大した問題はありません、ただホーニング時に寸法が決まり難いだけです。

ここの所 Z用 69mmと70mmの加工以来が相次いでおります

本来このサイズはライナー打ち替え前提ですが先々の事を考慮しまして全バラでオーバーホール中のお客様には

アッパーケースのボーリングをお勧めしております

P6080310.jpg

スタッドボルト無しでも付きでも加工可能です

P6080311.jpg

その数プラスのシリンダーがボーリング待ちの状態です

P6090312.jpg


8月にご要望の多い Z1用73mm 及びZ2用73mmを作ります、その下準備ではありませんが

いずれ何らかの理由で今より大きくしなければならない人、怖いもの見たさの人の為です



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2014 Piston Magic, All rights reserved.