ポートと燃焼室も磨き終わり

画像 392

画像 390

今回ガンコートするにあたり

下準備にウエットブラストをしますが

クラッチ、プッシュレバーの受けのベアリング二個

特に下のベアリングが取れないので(ケースのダメージ与える可能性大)

今後の事を考え

その一

画像 388

オイルラインに溶接棒尖らして打ち込みます

その二

画像 391

その上にスチールのメクラ栓を入れ

その三

画像 389

オイルシール圧入部にもメクラ栓をして

ウエットブラストをします

中々大変でした

巧く行く事を願います

後はサンクの阿部くん

宜しく!



スポンサーサイト

ビールのコマーシャルに有りますね

この間飲んでみましたが

口が大きく飲み易かったです、味は並み!

此方も負けずにがばっと、がばっと?

リューターで拡げてます

画像 386

見にくいので横から?

画像 387

この後ペーパーで馴らして行くと

45度ギリギリに行くでしょう?

でもシート幅を狭くして少し上にズレますので

ちょうど良い感じに為るはずです?(たぶん)

9mm大きいピストンと高めの圧縮から生み出される

吸入負圧を最大源に生かします!

3VNの T CAR 3SXが来ました

画像 377

取り合えずマフラー製作治具として

小林君所に乗って行きました

が、エンジン特性やその他もろもろ

3VNの方が好きです

マフラー完成してから

3SXどうするか、考えます。

先日のテイストにて

あえなく玉砕のサンクチュアリーウエスト道岡さん

私のカバーを持って来て頂きました

画像 369

ガンコート前

画像 254

ガンコート後

画像 381

右とお揃いのチタングレー

真ん中のプラスチックのメクラも温度を下げて焼いて貰いました

帰りにシリンダーをお持ち帰り頂きました

大の仲良しが帰った後?

ちと寂しい、もも

画像 366

今回偶然にもカンリンロングストローククランクが舞い込み

ついでにピストンまで来てくれました


左、カンリン製、右うちのプロト

画像 372

と言いますのも、お盆過ぎたら

カンリンクランク用ピストン製作の依頼が来ておりまして

全て解決しました。

排気量、内緒?(ケース拡大、ライナー打ち替えノーマルシリンダー?)

K値、0.4を切りそう?

お絵かき終わってます。


左カンリンクランク用ピストン

画像 370

右、珍しいSR500用 0.5mmオーバーサイズ(廃盤品?)

ピストンに書いてます数字はスカート寸法で

シリンダーボーリング時のクリアランスを決める

大事な寸法ですが?

左はリング合口取れるか?(駄目なら削る?)

右はリング合口、規定値ギリギリの予感?

これ、ボーリング屋泣かせのブツです

あ、うちボーリング屋です


追伸

私仕様のピストン ボア96mm 288gです

因みに今年の作でボア102mm 289gのが存在します


先日叩っ切りましたカンリンクランク

ネジがないとローターの固定出来ませんので

細工して置きました

画像 364

ボルト式に変更しました

どの位持つかお楽しみ~

これがカンリンクランクです

丸棒からの削り出し!

画像 359

今の工作機械を持ってすれば容易い作業でしょう

ところが組立時に発覚

圧入公差が緩い???

プレスの針が何時もの半分に満たない?(やばいかも)

芯だし時に予感的中

何時もの調子でどつくと

反対にズレル?(そんな~)

最後は愛用の銅ハンマーで

軽くコンコンのレベルで

ゼロゼロに合わせました

こんなクランクだとエンジン廻れば

簡単にズレルので

出血大サービスで

画像 362

何時もより多く止めました

なんでしたら全周やりましょうか?

加工精度は良かったので

ちと、残念!

お客さまから依頼の

SR用カンリン製クランクシャフトの修理?

どうにもならないSRのウイークポイント

この角度から見ると

画像 356

少し曲がってるかな?

しかしこの角度だと

画像 355

バーナーで焼かれ焼きも入り、ネジも潰れて?

修復不可能なので

画像 357

切り落とします

思ったより硬く無い?

以上!

今回投入しました秘密兵器?

画像 353

左 MONSTERクラス用 Z1 74mm 詳細秘密

右 クラス不明 ゼェファー用 79mm 詳細秘密

でした。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2012 Piston Magic, All rights reserved.