ポートもシートリング際まで削り倒して

燃焼室もツルツル仕上げ

画像 270

バルブも軽く磨いて後はシートカットのみ

画像 275

が、此処でシリンダーが綺麗になった事で

ヘッドの汚さが際立ち?

急遽ウエットブラストへ

こんな汚いヘッドも

画像 276

ほれ

画像 290

ヘッドカバーも

画像 277

ほれ

画像 291

もう一つおまけに

画像 278

ほれ

画像 292

と皆綺麗になりました

乾式ブラストに比較してウエットブラストのメディアが小さいので

表面もツルツル、細かいマスキングも要らないしメディアの詰まりもないし

磨いたポート、燃焼室もツルツルです

もう、乾式ブラストの時代は終わった?

もう一つ今回カジッタ、ジャーナル部に

ディンプルを作り、オイル溜りにしようと考えでした(どっかで聞いたような?)

結果、良い感じに仕上がりました

これで気持ち良く組めます

今回の作業を快く受けて頂きました?

サンクチュアリー TOKYO ウエストの

塗装屋さん、阿部さんです(ありがとう又宜しくね)

画像 289


何処かで見かけても石投げないで下さいね。
スポンサーサイト

黒鯛さんのシリンダー

もものお友達、道岡さんとこで

ウエットブラスト打って貰い綺麗になりました

画像 267

塗装しなくても十分な質感です

こうなるとヘッドもウエットブラスト打ちたいな~

序にシリンダーも加工して

画像 266

クランクシャフトの芯だしと

ピン溶接も完了しました

今回使います3VNクランク

限りなく0でダイヤルゲージの針振れません

画像 269

ストロークの短い400用はご覧の位置にピンが有りますので

600に比べ溶接し難いです

右端はおまけのSR500クランク

只今ヘッドを派手に削り倒しております

本当は削り飛ばしてしまえば済む話ですが

何かと忙しいし真っ黒になりますので

朝風呂に入って頂きました

画像 261

画像 262

夕方に上がって頂きますと

画像 263

容器のタッパ足りず少し残りましたが

ごらんのように

画像 264

綺麗になりました

これから削り倒しますね!

お客様よりご依頼なのですが

マークⅡのノーマルシリンダー

70mmなのですが

我社には71mmの設定がありません

STDライナーもゆるゆるで使い物にならない

協議の結果、ライナー打ち替えての

69mmに決定?(ボアダウン)

画像 255

永~く乗りたいので、後々70が組めればOK

1,000ccあれば十分です、との事!

こんな付き合い方も有りますね

シリンダーは全ての面と穴、全加工して

歪み、取りきってます

取り合えずライナーは

71mmまでボーリングしても片肉2.3mm残ります(STDサイズ)

思いっきり走って下さいね?

遂に来ました

金環日食!

そしてうちには最強のがあります

画像 256

でも雲出て裸眼でも見れましたので

あまり出番ありませんでした。

今回大観山で発覚しましたオイル漏れ

下手人はケースとジェネレーターカバーのガスケットでした

そこにたどり着けなかった訳

画像 249



画像 250

これのせいでシリンダー前側のクラックにしか見えませんでした

こんな感じで塗装が浮くのは初めて見ました

アルミの腐食も酷いのでこのシリンダーはポイして

別のシリンダー使います

で、シリンダーの内径?

画像 248

MIN 87.550 MAX 87.590 ピストン 87.450

ですのでピストンクリアランスは

MIN 0.1mm MAX 0.14mmでした

ホーニングの状態から初期設定に問題あり

リング合口もありえない0.55mmでした

クランクシャフトは

画像 236

どれにしましょうかね?

検証編 終わり!

昨日何とか3枚におろし終えましたので

少しばかり検証してみます

600のコンロッドにブッシュを入れてピン径合わせても

上死点に置いてピストンは1,4~1.5mm低い位置に来ます

それを何とかするには600コンロッドの内径を拡げ(これで元に戻らない)

ブッシュを入れ軸間を変えて加工するしかありません

画像 246

外したブッシュの厚みは左(下)2.0mm

右(上)1.0mmでした

これって結構大変な作業なんですよ

分解時に確認しましだが上死点にてピストンはマイナス0.7mmの位置でした(大体マイナス0.4mm位が正しい)

使われてたピストンは0.5mmオーバーサイズでしたので

総排気量 505.1cc +-掛けて割ってまた足して割ると(面倒臭いです)

圧縮比 10.5:1でした

の割りにわインパクトが無かった?(走らない)

のが本音でした

クランクシャフトも変えなければならず

上記の加工も入るし

一時減速も二次減速も変えなければ為らないし

ストロークが延びた分ライナーを作り打ち替えないとなりません

費用対効果を考えると

ちと、微妙かな?

続く(まだやるよ~)

今朝引きずり降ろし

これから三枚におろします!

と、いきなり

画像 238

一箇所カジッテますがなんとかなるでしょう?

カムは例のが入ってました

続きましてピストン、左入ってました

画像 239

スカート形状が異なります?なんのでしょう?

黒いのはデフリック(固体潤滑材)?

ですんなり取れないローター?

3年前の悪夢が甦ります(3日やって断念)

しかたなく火あぶりの刑、40~50分?

画像 242

何とか取れました。

コンロッドは一度内径を拡げブッシュ圧入してありました

画像 243

更に変心させて加工してあります(良くできました)

画像 244

バランサーはワイルドざぜ~でした

おまけ、やかんと添い寝のもも?

画像 245

お時間も宜しいようなので

続きはまたあした!


昨日SRXの集い、箱根 man3に参加してきました

序に奥さんに、母の日のカーネーションの変わりに

画像 232

献上しました

大変喜んで居られました。

おまけに黒鯛を釣り上げてきました。

画像 233


明日には3枚におろしますね?

ご存知の通り2サイクルのボーリング

好んではやりませんが

なんでかと言うと?

ポートの大きいヤツは砥石が引っかかり

砥石が割れてしまいます

後、下の梁の小さいヤツ(ケースに入る所)

寸法が出難いので好んでお受けしない事にしてます

が上記2点に合致しない場合はお受けします

画像 201

ヤマハ DT200R ?

続いて(MR ITOありがとうさん)

画像 229

スズキ ジムニーのボーリングでした。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2012 Piston Magic, All rights reserved.