塗装が終わり依頼主さまより帰って来た

SRX 600 キッック エンジンは2NX

組立開始!

ここ、クランクシャフトベアリングの入る所

画像 198

セル仕様に比ベアリング受けの鋳鉄部が薄いです
(セル仕様は倍近く有ります)

全てをセットした所で

画像 199

チェンジシャフトの動きが渋い?

画像 200

旋盤に掴んで計ると0.2mmほど曲がってました

木ハンマーでガツンと一発、0.03mmに修正

一気にピストン組む段階で発覚した事実?

ピストンリングが行方不明?

火曜日に調達するまでお休みです

画像 202

明日マイSRXのタイヤ交換がてら

久々のツーリングにでも行って見ようかな~
スポンサーサイト

もものお友達、サンクチュアリー ウエストの道岡さん

画像 144

シリンダーを引き取りにいらっしゃいました。

替わりに以前から御願いしてました

SRXのクラッチカバー持参して頂きました

画像 194

カバーはチタングレーで丸っこいのが赤

一応、日の丸をイメージしてみました

どちらも漆塗りのようにしっとりとしてますが

硬く傷つきません

このしっとり感が出るか心配してましたが

みごとに出てます

ベースの素材でずいぶん変わるようですが

腕も上げたようですね?

でかした、塗装担当の阿部君

褒めて取らす!

こんどチタンの切粉でも持って行って上げようね。

グースにつずきまして初めてのボーリング

ロイヤル エンフィールド?

画像 185

シリンダー 7キロあります

漬物石になりそうな目方ですが

画像 186

1mm拡げても片肉4mm残ってます

そして材質が良いです、素晴しく硬いので少し手こずりました。

画像 187

ピストンも丈夫そうです?

初めての依頼です

スズキ グース350のボーリング?

画像 184

今までライナー打替えて大きいピストンを使った

450CCや480CCは散々やりましたが

ボーリングのみは初めてです

因みにこのシリンダーライナーが鋳込みですので

でかいライナー入れる場合は鋳鉄部分

全部削り落とす事になります

使うピストンは以前GSXの油冷用に作った

83mmのピンハイトとリセスを変更したスペシャルです

ライナー部分、2mm残りますが

あまり良い材質では無いのでここいら辺がリミットです

画像 179

見本で来たUSA製 275gに対して 225gで上がりました

圧縮は 10.6:1に合わせて有ります

裏は

画像 181

まだ軽く出来ますが時間無いので

今回はこのままです

久しぶりに注文がきました

SRX用チタンリテェーナー

画像 176

ムクの6-4丸棒にドリルで穴開けるのが大変なのですが

前回よりガンドリルで下穴開けてますので

かなり楽になりましたが

やはり時間は掛かります

まあ、感覚を維持するためにも

必要になったら作る

ようなペースで行きます。

はい、キャレロコンロッド完了です

画像 173

左、今回作ったヤツのスペアー、材質はベリの親戚

右、引っこ抜いたヤツ 材質たぶんアルミ青銅?

画像 174

そしてキャレロ独特のピン潤滑孔

斜めに開きます

ボール盤でコンロッドを左手で斜めにして

右手で刃を降ろして行きます

内側にバリが出ますが

軽くペーパー掛けただけで

ピストンピン通ります

コンロッドとピンのクリアランス

0.02mmは無いです。


KLX650Rのコンロッドです

ピン径を24から22に落とし

軸間を変更したヤツを特注したコンロッドです

画像 163

それを今回更にピン径19まで落とします

目的はピストン新作しますので

ピンの軽量化です

依頼主さまからなにが

あっても文句言わないと受け賜っておりますので

一思いに行かして頂きますよ!

余談ですがキャレロのようなブッシュ式の場合

駄目になってもブッシュ入れ替えれば直ります

個人的には大好きです。

この間ボーリングと面研の終わったヴィヴィオのヘッド

修正面研とシートカット

画像 159

ご丁寧にバルブまで磨いてあります?

インテークバルブ傘径 21mm

エキゾーストバルブ傘径 18.5mm

私の左手、小指付けねが 18mmですので

如何に小さいか?

大きいヤツより面倒臭いです

距離が距離なのでシートリングの虫食い

バルブの段付きは当然あります

摺り合わせで誤魔化さないで

ちゃんとシートカットでバルブの当り位置

及び当り幅を修正すれば

馬力も出るし長く乗れますよ

これが基本ですからね~

まだ寒かった2月のとある日

いきなりエンジン始動不能になった

ワゴンR 4032号?

色々手を尽くすもダメで

知り合いの中古車に転がってた、スバルプレオ NAの5速

画像 124

四月に登録しようと確保(一桁)

エンジンオーバーホールしたせいでAT滑り始め

ロアアームもガタも酷くなって来てたので

ワゴン R 4032号は3月末にて迷わず廃車

自賠責の還付請求も済み、住民票も用意してましたら

もっと凄いプレオ出現?

H14年式S/C搭載のFF 走行距離 29,500㌔ 車検1年付き

画像 154

値段二桁?(中古相場よりは安い)

迷わず即決!

3月末に名義変更完了

4月の8日に我が家の買い物車になりました

で、NAの5速車は子供が免許取るまで、家で物置車になりました(本当に復活するのだろうか?)

やっぱり軽はスバルしか無い!

二度とス○キの中古には手を出さない!(キッパリ)

と、一つ勉強しました少し寒い2012の春でした。




長さ425mmのチタンの6-4に

ガンドリルで下穴開けてもらいました

以前加工してもらった所では

入り口はセンターで出口側で1mmほどズレました

が今度の加工屋さんは

出口側で0.1mmもズレてません

画像 147

素晴しい加工屋さんです

そこえ現れたベータチタニュウムの松山さん

35パイの500mmを担いで来てくれました(写真取り忘れ)

早速、その加工屋さんの連絡先を

大事に持って帰りましたとさ!

因みにガンドリルの加工単価

1mm数十円です。



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2012 Piston Magic, All rights reserved.