珍しいカムと言うのは?

はやしかすたむのSCM削り出しカムです

次にやるお客さんの持ち物ですが

ちょうど良い機会なので、興味深々?

画像 091

    1mmリフト  バルブリフト  T/C
IN 18-39     9.3       0.1   237°  100.5°
EX   48-9      8.8       0.1   237°  109.5°

画像 090


かなり早いです

使え無くは無いですが

そのままだと谷が出ますよ

どっかのST-1に良く似てますね?

カム単体のリフトも限りなく近いですね?

付属の説明書に有る

ゼロミリバルブクリアランスでの0.5ミリリフトも違うし

これは意味が無いと思います

長穴でずらせば何とか使えそうですが

どうなんでしょう???

取り合えず結果報告でした。
スポンサーサイト

昨日のつずきです

パタパタと組んで行きます

画像 086

非常に程度の良いエンジンです

前のオーナーさん大事に乗られてのでしょう

今回交換部品はオイルシール3個と〇リング6個とガスケット4枚

とヘッドG/K,ベースG/Kのみです

ピストンリング合口

画像 087

0.2mmが入って0.25mmは入りません

画像 088

秘蔵の89.5mm 圧縮 11.0:1

画像 089

目方 277.5g

別のお客さん用の面白いカムが来てますので

明日バルタイ計ります(真実が明らかに、、、)

カーボン落しとシート研磨終わりました

画像 083

赤丸の所はノーマルの鋳肌ですが

此れを取るにはその周りをかなり落とさないとなりません

当然バルブガイドを支持する肉も落とす事になりますので

落としません

バルブガイドも削りません

あくまで耐久性重視のカーボン落しです

画像 084

インテーク側も同じ理由です

空気の流れが云々と言われる方も居ますが

ベンチで比較しない限り判りません

でもヘッドとインシュレーターの段だけは

画像 085

取り除きます。

お客さんがこんなの乗って来ました

画像 074

XS 1のB型らしい?(良く解ってません)

外国より里帰りした車両らしい?

W1と人気を二分してたらしい?

エンジンの造形美はXSが好きです(W1はケースが威張ってた)

末永く大事に乗って下さい。


S&Sシリンダーが終わったと思ったら

こんどはノーマルシリンダーの依頼

これが曲者でハーレーで言う所のワンオーバーサイズ

シリンダーの消耗と変形と相まって

取りしろ 0.15mm???

トクルプレートで締め上げ

ボーリングすると

残り 0.06mmで

画像 080

残ります

意を決して残り 0.03mm

画像 081

少し残りましたがホーニングで無事取りきれました!

前出のS&Sシリンダーはトルクプレートで締め上げても

変形は大した事無くプレート無しでも行けます(有るから使いますが)

対してノーマルシリンダーS&Sに比べて

肉厚も薄い為、トルクプレートで締め上げると

驚くほど変形します

本来こんなペラペラシリンダー?

使えないと思いますが?




久々ハーレーのボーリング依頼

ブツはS&Sのシリンダー

処が?

画像 067

画像 066

ごらんの→部、出っ張ってます

どんな加工すればこんなに段差が出来るか不思議です?

下の面は旋盤で中をくわえて引きますが

上の面はアルミで円柱のブロックを作り

シリンダーに押し込んで外周をくわえます

面倒です

面研終わった所で

ハーレーご指定のトルクプレートで締め上げ

画像 064

使える車種が書いてあります

画像 065

ボーリングしてホーニングして

お終い

クリアランスは0.05mmで仕上げました。

業務連絡

R75/5様

御気使いありがとう御座います

どんなんでも作りますので

無理、難題言ってください。

もものお友達の道岡さんより預かってます

ガンコートの色見本

画像 048

左より、シルバー、チタングレー、赤

エンジンを塗りたいお客さんへの提案です

個人的には汚れの目立たないなシルバーが好みなのですが

チタングレーが意外と良いですね(此れを勧めよう)

なんでしたらケースとヘッド、チタングレー

シリンダー、赤なんてのも宜しいかと思います。

参考にしてくださいな。

カワサキ ゼェファー850用ライナー完成

画像 057

今回の素材 8.7㌔

ボーリング前で 430グラム?

ひたすら削りました

外の旋盤使いますので

寒かった!

このゼェファー 750はツバの厚みが 8mm弱ありますので

素材から削り出すしかありません

因みに排気量は 855ccになります。

昨年ご依頼のピストン製作

地震やら技術的問題で

やっとこさ完成致しました

1968年製 ライラック 500 水平対向 2気筒

ボア 68mm

画像 050

問題となった裏?

画像 052

小さい刃物を深く入れなければならず

細いゆえに少しずつしか削れず

時間掛かります

これでほとんどの古いピストン

製作可能になりました

昨年のいつごろだか忘れましたが

セュキュリティーソフトの

マカチンが作動すると

ストライキ起こしてたパソコン

メモリーを 4倍に増やしてみた

画像 042

驚くほど早くなりました

例えれば

ゆっくり歩くももから

全力疾走するもも状態で

快適になりました。

今回の倍までは入れられるので

もっと早くなるかな~


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2012 Piston Magic, All rights reserved.