燃焼室から想像して、バルブは?

画像 441

お見事の一言です

取りあえずバルブを綺麗にして、再度組み込み

容積測定、64ccでした

画像 442

リューターの痕が生々しい燃焼室

そのままポートもまとめて修正します

リューターの痕を完全に取り除けませんが

画像 446

容積測定は後回しにして

こんなのや

画像 444

こんなのを

画像 445

ひたすらブラシでゴシゴシと手洗いします



画像 447



画像 448

になりました

そして、残った物は

画像 451

大量の砂でした。

オイル漏れの下手人?

合わせ面に塗る液体ガスケットが少ない

のと、液体ガスケットの弾力が無い?

エンジン周りに使うには

あまり宜しく無い物みたいです。








スポンサーサイト

仙台よりお越しのお客さまの3VN改

早速エンジン降ろし

画像 433

分解前に汚いフレーム周りを灯油でゴシゴシ(あまりに汚いので写真なし)

画像 434

オイルタンクも灯油でゴシゴシ(こっちもあまりに汚いので写真なし)

画像 436

そして分解しながら、実容積測定

と言いますのもヘッドは 3VN改?(400のヘッドに600のバルブが付いてます)

このエンジン、以前にどこぞのショップにてやって貰って600になってます

どんなふうにやってあるか興味深々です

結構大変な作業なので私は一度もやりませんでした(当時はヘッド買ったほうが安い)

70cc入りましたので、圧縮比 9.9:1でした(思ったほど高く無い)

ヘッドは?

画像 437

画像 438

ん~ん、カーボンのうんこだらけ?

かなりの量が体積してます

そして硬いです

これは手強そうです。


23年前たっぷり付けられたロックタイトのおかげで

やっと外れましたステーター

画像 386

ショックドライバーの頭を銅ハンマーでどつきまくります

これで準備完了

画像 426

依頼主の愛知のペンキ屋さんに出発しました。

やっと良い感じに色ついてきました

我が家の桃

画像 430
(右はゼファー1100の79mmです)

今年は10個収穫出来ました

その桃を狙うもも

画像 431

一きれ食べて、最近お気に入りのマットでお昼ね中

画像 377

因みにおやじは熟した柔らかい桃より

熟す前の硬めの桃が大好きです。

どんな仕様にも出来るように寝かしてましたピストン

画像 310

やっと仕様が決まりましたので

画像 312

頭を加工して

画像 313

リセスを切って

Z1用に成りました

めでたし、めでたし

昨日は(用事あって行けないから代わりに行って)

(良し任せろ)と子供の通う学校の

全国高校野球選手権神奈川大会

に行ってきました

一回戦、二回戦と順調に勝ち進み

画像 425

さすが三回戦となると実力伯仲で

追いついては突き放され

9回 2死 三塁 一点差

盛り上がります、両校の悲鳴のような大声援

も、空振り三振

ゲームセット

で、子供達の夏は終わりました

みんな、お疲れ様でした


先日の変わり種シリンダー

拡げて見ました

アルミの地は出てません

が?こんなのや

画像 388

こんなのが

画像 389

残りました?

ちょっと微妙かも?

画像 390

なんて読むんでしょう?

業務連絡

取りあえず連絡下さい



ただ今好評を頂いてます

SR 用ピストン

お客さんの要望で圧縮を 10.8:1 辺りまで下げてみました(頭の形状変更)

ノーマルカム仕様です

そしたら?

画像 386

まあ~なんて軽いんでしょう?(判ってましたが)

此処からの +-数グラムは体感出来ないでしょう

+-十数グラム変わると性能面でも体感出来ます


SRのエンジンも色々試して見るとノーマルカムでも

圧縮 11.0:1超えてもキャブのセッティングさえ変更すれば(他のエンジンでも同じ)

中速が太くなり乗りやすくなります

6,000回転以上廻さない人に

振動も少なくては宜しいかと思います

特に社外キャブ使用の方は少し高めの圧縮をお勧めしてます


ピストンの強度にはまだ余裕が有りますので

10万㌔でも20万㌔でも走ってください。

初めて見ましたSRXシリンダー

スペイン製のライナー一体型

画像 384

ヘッドスタッド穴?

長穴仕様になってます

SRXの全ての型に使えるようになってます(ヘッドガスケットをやったのは私でしたが)

メッキ仕様なのですが? 

内径が99.90mmで巣も有り、メッキの地肌も残ってます

お客さまから((此れに合うピストンありませんか?))

と、送って頂きましたが

このシリンダーの為だけにリングとピストンは

作れません?

いや、ピストンは作れますが、リングはねえ~

1本2本は無理なんですよ~

と言うことで、メッキの膜厚とメッキの種類が不明ですので

出た所勝負のダメ元で

内径拡げて見ます

巧く行けば使えるし

駄目ならオブジェにしましょう~

SRX600Ⅱ型 2NX

キックアームが外れず?

錆びたネジに浸透するブツを塗布

画像 382

一晩置くも外れず?

プラハンで引っ叩いたり、どついたりを繰り返し

やっとプーラーの爪が掛かるとこまできました

で、やっと外れたキックアーム

画像 381

なんか?ロックタイトらしき物が付いてました。

此れさえ取れれば、あとは一気に

画像 383

意外に綺麗?程度◎です、走行距離は聞いてませんが

2NXと言えば、製造後 20年は経ってるはす?

話が来た時には悲惨な状況を覚悟したのですが

これだったら大歓迎です

主要部品そのままで行けますよ。




| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2011 Piston Magic, All rights reserved.