足腰が弱って来た最近のベル

座席の低い一号車にも乗れなくなり

揺れる、車もしんどうそうなので

ただ今、自宅療養中です?

画像 248

三歩歩いてドテッと倒れる時もあれば

スタスタと台所まで行き

大根、齧り倒してます

方や

あの地震とその後の余震以来

地震が来ると

旋盤の横で、ひたすら納まるのを待つ

画像 272

ももでした。
スポンサーサイト

手に入れて2年目に突入してます

私の SRX

こんな加工してました

画像 289

2.5型が終わったので、下だけでも組み始めました

画像 291

96mmを組みますが、298g仕様?

画像 293

シリンダーはスペシャル?

ヘッドはEXのみシム仕様チタン、INはノーマルタイプ、チタン

画像 295

カムは内緒の品?

で、完成。

考えて見れば1型に4型のシリンダーから上、移植?

初めての作業でした

今回組んだピストン

画像 277


シム式チタンリテェーナーも再使用

画像 260

バルブは前回、旋盤仕上げでした

が、今回研磨して再使用

画像 258


後は此れと言って変らず

画像 279

マフラーのフランジが変形してましたので

画像 281

引っ叩いて、逆に反らして

画像 263

生きてたスタッドボルトも捨てて

ボルト式に変更しました

手こずった所は

シリンダー高さが0.5mm高く成りましたので

エキパイがすんなり入らず

マフラーを外す羽目に成りました

エンジンもキック一発で目覚め

振動も予想どうりかなり少ないです

一応5速、4,500回転まで廻しました

良い感じですよ。


以前に作りましたSRX 500 1型

500にして5万㌔強走りましたので、ヘッドがくたびれてきました

よって、4型(セル付き)のシリンダーとヘッドに交換します

ライナーは外して、4型のシリンダーを気持ち小さめに加工

ホーニング代を確保してし、寸法を合わせます

画像 265

ヘッドはマニホールドを移植、段付き修正、シート研磨

画像 266

バルブ、ロッカーアーム等等を移植

画像 268

ピストンは新作の鍛造品に交換します

画像 270

左が大昔に作りました鋳造 96mm 単体356g ピン 60L 89g 計 445g

右 鍛造 96mm 単体 315g ピン 50L 74g 計 389g

因みにSTD 87mm  単体 335g ピン 66L 94g 計 439g

でした。




画像 244

こんな感じになりました

中身の詳細、後日公開します。

W800組みます

まず、トップリング合口確認

画像 234

0.2mmシックネスゲージ入りません、0.1は入ります

ピストン付けて、シリンダー被せて

画像 235

此処でオイルパイプ二本取り付け

下に0リングが付きますのでグリスを塗布

次、ヘッドを載せます

画像 236

この時、キャブはクリーナーボックスに付けておき

ヘッドと同時に付けると、後が楽です

カムシャフトを取り付け後

ベベルギヤのバックラッシュをゼロにしないで

若干ガタが有る程度にします

後はパタパタと組んで、忘れ物無いか確認

コックオン、チョウクオン、エンジン始動

画像 238

オイル漏れ、滲みを点検

ある程度暖まった所で

ベベルギヤの調整を軽~くして(完全に暖機後にやります)

本日終了

スーパーおちび二号車、来週車検です

オイル漏れのパワステポンプ

スペアーをオーバーホールして交換します

が、このポンプのシャフト

バイクのチェンジシャフトみたいなスプラインが切ってあります

画像 223

このスプラインに特殊工具をあてがい

プーリーを緩めます

が、この特殊工具、8,000円ほどします

この際とばかりに、グラインダーを使い

手削りで10mmの六角頭にしてみました

画像 227

プーリー付けて見ると

画像 229

グッドです

10mmのボックスが使えるようになりました


お待たせしてます W800

昨日仮組して、圧縮確認しました

10.7:1です

午後部品が揃いましたので

ベベルより組みます

が、ベアリング圧入工具作らないとダメでした(アルミのカラー)

画像 228

四つ爪のロックナット

締め付けトルク 6.0 Kgf-mと指示されてますが

5.0 Kgf-mで締めてもベアリング渋いですので

4.5 Kgf-mで締めました

取り合えずこんな感じになります

画像 220

意外と綺麗な赤ですよ





今年のゴールデンウイークは例年の祭り事が中止でしたので

二号車の車検準備をしてました

ボロボロのシフトレバーのオーバーホールを兼ねて

クックシフト化

画像 189

や、ロッドを切って位置変更

画像 194

写真は有りませんが

ヘッドカバーパッキンを初め、各劣化パッキン交換

スペアーヘッドのシート研磨

画像 217

今旬の筍堀あんど湯がきあんど試食

等などでした

平和なゴールデンウイークでした。

チタンの切れ端で作って見ました

画像 199

かなり重いです

画像 201

右がSRX用ですので

大きさのほどが判ると思います。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2011 Piston Magic, All rights reserved.