今日はタップ立てと洗浄

バルブの研磨完了です

画像 831

最近はあまり磨かないようにしてたのですが

焼きついたカーボンがしつこいので

磨きました

画像 832

本来、磨くと言うより

スプリングレートを抑えたく

軽くするのが目的です

が、グラインダーで削りっぱなしではまずいので

ペーパー使って均して行くと

結果、ピカピカに成ります

画像 833

SRXの弱点、凹んだステムも研磨して使います

あくまで、使える物は使いますよ。
スポンサーサイト

やっと帰って来ました

画像 837

取りあえず全てのネジ部にタップ立てて

塗装前のブラストの砂落としで

洗浄とブローを繰り返します

11月も終わりに近ずき

一号車の水キャッチタンクに

水が溜まり始めましたので

二号車のも取り付けました

画像 822

この二号車スペースが限られるため

使った容器は、これ

画像 824

ちょうど良いサイズで、ネジ蓋なので

掃除も簡単ですよ

固定は荷造りヒモのみ?

見てくれさえ気にしなければ、何にでも使えそうです


追伸、仙人さまありがとう御座いました。

青春探しの旅に出張中のランド

ランドの面倒見て貰ってる

大分のMさんより連絡があり

((寝床で冷たくなったと))

((一昨日まで交配で頑張ってたのですが、申し訳在りませんと))

連絡が有りました。

IMGA1016.jpg

一時代を築いた、札幌のエバと胴体で

エバとは対照的に絶滅危惧犬になりかけた

ランドに救いの手を差し伸べて頂きましたMさん

今年の本部展で快挙のサンダーを始め

続々とチャンピョンに成ってる

ランドの子供達を世に残して頂き

ありがとう御座いました

そしてランド

結局、帰ってこれなくなってしまったが

沢山の思い出をありがとう

ランド、牙の痛みは決して忘れないよ

Mさんのご好意で

この世に残れなかった何頭かの子供達と

一緒に眠る事に成りました。

IMGA1257.jpg

今までランドに係わって頂きました全ての皆さん

ありがとう御座いました

そして、ランド

今までありがとう、またね!


前出のKLXピストンを引き取りがてら

見せびらかしに乗ってきました車両に付いてた物

画像 832

独自に削りだしで作ったそうな?

画像 831

かなり凝った作りです

興味おありの方 TOP ENDさんに

お問い合わせ下さいな。

KLX650でレースを楽しんでいらっしゃる

TOP ENDさんより

((前回軽量した方が明らかに振動が減ってる、思いっきり加工して?))

のご依頼に

喜んで~やらして頂きますとも、思いっきり?

画像 819

ボア 100.5mmで加工前、330g辺りでした

三種類の超硬使い、此れでもかと

肉をそぎ落として

298gになりました

もう一つは限界への挑戦で

290gになりました?

さあ~、ピストンとクランクどっちが頑張るかな~

取りあえず軽い方先に使ってね

道岡さまご依頼の

ゼェファー 750 のクランクケース拡大しました

ケースの上にシリンダーを乗せて(ノックピンも付けます)

シリンダーよりセンター拾います

これを怠ると、でかいライナー入りません

で、加工しますと

画像 815

1番と4番は全面切削

2番と3番はこんな感じです

横から覗きますと

画像 816

どの車種もクランクケースの作りは

こんなもんですよ~


例のCB450Kシリンダー加工しました

画像 808

横方向が一皮むけても前後方向が残ってます

長年の歳月でシリンダーその物の変形です

直径にして 0.1mmほどありました

今回 0.3mm大きくしましたので、楽勝ですが

こんな所の寸法も確認しとかないと大変な事になります

画像 809

苦労しました、ライナー入れて?(穴位置合って無かったらどうしましょう)

ホーニングして完成です

画像 812

中はこんな感じです

画像 813

今回の作業で厄介な所は

スタッドとノック位置のライナー加工と

ライナー肉厚、2.0mmの

ホーニングでした

ホンダさんの古いのは、独創的な作りが多いので

大変です。

やっと加工終わりました

画像 807

結果、LとRではシリンダーセンターから拾っても

X軸もY軸も全然違いました。

ちゃんとマークしとかないと

どっちがどっちだか判らなくなります。

明日シリンダー加工します。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 Piston Magic, All rights reserved.