今回のSRX-4 89.5mmピストンの組込み

エンジンを降ろさなくても出来ます

セル付きを例に説明します

1)エンジンオイルを抜く(キック車は抜かなくても良し)

2)タンク、シート、マフラーを外す→キャブバンド、ワイヤーナットを緩める(チョークワイヤーは中間のタイコ部より外す)エアークリーナーBOXの蓋を外せば、簡単にチャブレター外せます

3)タコメーターユニット、オイルクーラー、オイルタンクを外す(オイルタンクは付いてても出来ない事は ないです)

4)イグニッションコイル、プラグキャップを外し(プラブは残す)、ヘッドカバーのハンガーボルト2本を外 し、ハンガーを外す

IMG_7259.jpg

キック車はここまで来ればシリンダーまで外せますが

セル車はフレーム形状が違うので

慣れないとやり難いですので

IMG_7260.jpg

右、フレームを外せばもっと良い(左は外さない事)

それでもやり難い場合は

車体を真直ぐに固定出来るスタンドを用意し

5)エンジン後ろ、下のエンジンマウントボルトを緩め、エンジン下にジャッキをあてがい、それ以外の  ボルトと左フレームも外せば、ジャッキにてエンジンを斜めに出来ますので随分薬に作業出来ます



スポンサーサイト

今回のSRX-4 限定ピストンの件で少しお話しをば

SRX 600 96*84=608cc
ピン径 22.0mm ピンハイト 28.2mm 単体目方 398g

SRX 400 87*67.2=399cc
ピン径 20.0mm ピンハイト 26.9mm 単体目方 335g

クランクシャフトセンターからケース、ベースガシケット取り付け面までの高さは同じ

シリンダー高さも同じ

シリンダーヘッド高さも同じですが

バルブ径が異なり、ステム長さも異なり、燃焼室容積も大きく異なりますので

1)SRX400のエンジンに(クランクシャフトも400)

SRX600のシリンダーとピストンは付きません

また

2)SRX600のエンジンに(クランクシャフトも600)

SRX400のシリンダーとピストンも付きません

よって今回の89.5mmピストンは

SRX400専用です(600用は形状は似てますが別物です)


岐阜の仙人様のご依頼だったのですが

ヤマハ SRX-4をお乗りの皆様の為に((おすそ分け))と言う事で

チューニング及びO/H用ピストン、作ります

画像 407

裏はこんな感じ

画像 405

頭はこんな形状です

画像 383


1) ボア 89.5mm(2.5mmO/S ボーリングのみ)

2) 圧縮比 12.0:1~10.5:1(お好みに合わせます)

3) KIT内容 鍛造ピストン、リング、ピン、クリップ、ヘッドガスケット(ベースはSTDを使って下さい)

4) 目標重量 300g位(ピストン単体/普通に使えば20万キロ以上持つでしょう)

5) 価格 ¥50,000位(税別)

6) 20台限定です(左記集まらない場合は集まった数だけ作ります)

7) 締め切り日時 今年 12月15日

8) 完成予定    来年2月の予定

9) 当社ラインナップには乗りません

10) 是非欲しい方、O/H用にストックして置きたい方、当社HPお問い合わせに投稿願います
  追って連絡を差し上げます。
  数年先作れる場合でも、今回の金額では作れません。

では欲しい人、宜しくです。

  sohc,engineering わたなべ
  

皆さんもまず見た事の無い

はずのピストンです

画像 390

カワサキKLX650R 100.5mm 圧縮比 12.5:1 ピン径 22.0 ロングコンロッド仕様

軽いです、振動極めて少ないです

当然レーサーです

リフトの高いカムを使う為

リセス加工しました

画像 389

ノーマルピストンの裏

画像 391

スペシャルの裏

今回はピストン裏です

画像 394

この三個は4バルブ


画像 398

左2バルブドカチン1000/右 ヨタ八(水平対抗2発)

で裏は

画像 395

バルブリセスの厚みが決まると

必然的にこう成ります(こうしてますが正しい)

強度的に必要無い肉はそぎ落とせ(私のは落ちない?)

本来はファイバーフローを優先しての鍛造なのだが

今の素材(4032)ビクともしません

でも手間は掛かります

でも、やります、軽くする為に、エンジンに為に

趣味と言うか

執念と言うか

密かな楽しみとでも申しましょうか???


この2週間で

SRX600用 100mmピストンが

バタバタバタと出て行きました

画像 383

少し解りずらいかもしれませんが

頭の中心が凹んでます

これは、プラグとの間隔を開け

爆発圧力をアール部で受け止めたいので

こんな仕様にしてあります。(結果も良かったです)

この仕様だと圧縮が12.5:1あります(レース仕様)

のでストリートには無理です

よって

画像 385

このように、頭を落とし圧縮をコントロールします

これで圧縮比 11.0:1

頭の厚みは十分確保してますので

10.5:1までは可能です

よって、レース仕様よりストリート仕様が

軽く成ります、振動少なく成ります

馬力はレース仕様が出ます

基本的には4バルブピストンの場合

この方法で作ります

一石3丁位ですかね

京都で見たライトアップされた

なんとかの塔もきれいでした

最近作った

画像 382

チタン製

うん重の塔です

ですが今日

高さが半分に成りました

皆様

ZⅡピストン、堪能頂けましたでしょうか?

それはさて置き

日曜日より、京都の紅葉を求めて(本当は甥っ子の結婚式でした)

行ってきました

長野の山の中辺りは

IMG_3328.jpg

紅葉が始まってました

IMG_3332.jpg

が、肝心の京都は

山も市内も

青々してまして、紅葉のこの字も有りませんでした。

道中、自衛隊のトラックをパチリ

IMG_3335.jpg

皆さん一心不乱に携帯いじくってました

IMG_3334.jpg

左手にハンドル

右手にカメラ?

対抗速度、時速400Km位?

この日のベストショット???

披露宴では

メニュ~にはない、芋焼酎まで

引っ張り出し???

大いに盛り上がりました

新郎側、熊本出身者でした。

翌日、今回病にて出席できませんでした

大阪の叔父のお見舞いに

昨夜の叔母と大いに盛り上がった事をバラシ(梅干に駄々をごねる叔母、レモンで妥協)

久方ぶりの再開に

嬉しそうな叔父でした

叔父さん

ほどほどに頑張れ!





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 Piston Magic, All rights reserved.