Selected category
All entries of this category were displayed below.

なんだかんだと毎年恒例にドタバタの 1月ですが、この時期どうしても集中しますシリンダーの山、山

P1221723.jpg

でもこの仕事ベストの時期は春と秋ですが意外と夏より冬の方がやり易いのです、部屋の温度上げるのにお昼までは係りますが

一度上げてしまえば暖房切らない限りそう簡単には温度下がりません、必然的に遅くまでやるはめになりますけどね

シリンダーが終わらない限り手前のクランクには手を出せませんが

P1221724.jpg

後八日有りますので何とか為るでしょう~?

と言いながら懲りもせず、来月分のシリンダーが舞込んで来てますので三月までは地獄の日々が続きます、あ~めん!







スポンサーサイト

一頃のミニバイクブームも何処へやら行ったことやらとめっきり見なくなりました所へ舞込んできましたシリンダー

ホンダのグロームって言うらしいです

PC251657.jpg

取りあえず削り落してみます、ホンダさんお得意の鋳込みですね

PC251655.jpg

この辺からは少しづつ削っていきますがどうなるかお楽しみです。








PC251656.jpg

今月のノルマも順調にやっつけて最後の1100刀君のボーリング、しかしそこにはシズシズと忍び寄りますトラップ?

はい、油断?最後と思う気の緩み?罠に捕まってしまいました、Y軸を逆に振って掘ってしまいましたがな

PC151627.jpg

仕上げ前の粗取りの段階ですので冷静にシリンダーゲージと睨めっこして残り代と補正値を足して引いて割ってはじき出た数字

Y軸を正規の位置に戻しても仕上げで 0.04mm余裕有り と出ましたので無事終了

PC151628.jpg

明日ホーニングします、気を引き締め直して望みましょうね。







とにかく考えてても進みませんが効率良くこなす為、多少は考えますよ、今月のノルマもターカロイ松と合体

面研終了、たぶん一番長く預かっておりますゼファー750を最後に面研、ボーリングするのですが

PC131617.jpg

排気側ネジ部にヘリサート有り、これかなり硬いので超硬の刃、欠けます→面が出ません、寸法が出ません?

PC141623.jpg

リューターに砥石をセット、出てる所を削り落し、ダイヤルゲージで確認、100分の2ほど出ておりますが最後の仕上げ

そこの部分だけ火花でましたが何とかなりました

PC141624.jpg

面研前提のシリンダーやシリンダーヘッド、後からヘリサート打って下さいね

続きまして1,100刀のカーボン落し

PC111615.jpg

秘密兵器でさっさと落しガイド打替の準備

PC111616.jpg

その間に Z1に76mmを組むツインプラグ仕様ヘッド、修正面研終わりましたので容積確認?

PC031600.jpg

ここの容積が多ければピストンの加工少なくて済みますが少ないと大変です。

結果 36.0ccでしたので大変です。















只今進行中のGPZ 1100Fこのエンジンのカムシャフト、中々鋭いプロフィールをしております

これを有効に使う為、バルブタイミングを振る為にカムスプロケットを長穴にしますが

カワサキさん特有の逃がしを入れなければいけません、ハイスだと返りだ出ますので高価な超硬刃を使います

結果バリ取り、返り取りが無くなりますので効率的です

まずはGPZ 1100F

PB171550.jpg

続きまして 予備の 1000J/R新品、表記が違うだけで刃数も穴位置も同じです

PB171552.jpg

お次は今年の1月頃お預かりしましたゼファー750

PB171551.jpg

三浦さんやっと出来ましたよ

で問題の Z1/ZⅡ

PB171553.jpg

一枚に付き 3箇所の穴と表裏のダンパーの逃がし、ヨシムラのスプロケット買った方が安いです

スズキ偏、刀の1100、これだけ穴径が違います、ダンパー無くて楽です

PB171554.jpg

最後はGS 1000?

PB171555.jpg

ダンパーのカットは自分でしてね

と簡単に紹介しましたが、これはこれで段取りから芯だしやら意外と面倒ですので急ぎの人は他を当たって下さいね。











| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.