Selected category
All entries of this category were displayed below.

大変珍しく貴重な S1シリンダー、それをノーマルボアでの依頼品

P7062507.jpg

ライナーは専用品をワンオフ、ボーリングまでは終わらしてましてので頃合も良い気温ですので一気に慎重に行きます

P7062508.jpg


だってしくじったら代わりにライナーありません

P7062513.jpg

完成

P7062513.jpg

ライナー肉厚 3.7mmあります、厚いほうが強いです

P7062514.jpg

因みにピストンはこんな感じです ARTの鍛造品

P7062509.jpg

以前拝んだのは二本リング仕様でしたので色んな仕様が有るんでしょうね

これに合わせてライナーも長くしてあります、当らない事を祈ります。




スポンサーサイト

かれこれ5年前に作りました1000J/R用の76mmピストン、やっと出番がきました

久しぶりに拝みます

P5312477.jpg

P5312478.jpg

P5312479.jpg

流石に5年の時の流れは否定できません

P5312480.jpg

今はどえらい所を抜いてます

中々1000J/Rの要望がありませんので貴重な一作です、このデーターを元に次回作は(あるのか?)

遥かに進化したピストンを作れます、早く来ないかな~。





点検棒が通らないクランクシャフト、取りあえず曲がり確認しまして芯だし、此処までは出ました

P1242310.jpg

一番のみ90度ほどずれた位置に

P1242311.jpg

位相ズレが下手人かと思いましたが、この位のズレでは問題が無いのを確認してますし、点検棒入れますと

#2、入りますが硬い、#1はまったく無理

P1242309.jpg

以前から気になってました部分、試しに2本の点検棒

P1242314.jpg

は入りますがご覧のように合いません

P1242312.jpg

力を掛けてもズレます

P1242313.jpg

#2以外はすんなり入ります、出ます

P1242316.jpg

どうも#2コンロッドさんが下手人で曲がってるか捩れてるかでしょう、どの位不具合が出るか解りません、組んで確認するしか

ありませんね(以前の結果からすると意外と大丈夫なような気がします)

P1242317.jpg

確認してみてくださいね。








家の引越しも終わり何とか生活できるようになりましたが、夏の暑さと引越しの疲れで今一ペースが戻りません

そんな折、ケースボーリングの依頼、それも1000J?スタッドボルト付き、思えば1000J拡げた事がありませんでしたね

P9142074.jpg

1000Jをケース広げてまでの仕様が無かっただけです、基本的にはZと同じはず?これを機会に何処まで行けるか?

内径 82mmで加工しました

P9142075.jpg

もっと行けそうですが二箇所問題点有り

P9142080.jpg

ここの肉が???です、後直径で2.0mmまでなら何とかなるかと思いますが

現在も依頼が来ておりますがボアで78mm辺りを狙ってる方々、参考にして下さい

因みにGPZ1100系のケースもスタッド位置は同じです、判断はお任せします。








御存知当社推奨のターカロイ松

P7182000.jpg

メッキシリンダーにも劣らない耐久性を確認しております

P7181999.jpg

が、只今お預かりしてます 1000Jのシリンダー、ボーリングで失敗しました

P7182001.jpg

一年に一回位のペースで失敗しました、位置確認を怠った賜物です?失敗はどう逆立ちしても元には戻りません?

しかしご安心あれ、どのサイズもしこたま在庫してますので、ぱっぱっと入替て続行、何事も無かったの如くボーリング待ち

明日、位置確認してから始めます、今日は午後から涼しくなって、一気にやっつけてやると意気込んでこの有様でした

取りあえずこの暑さのせいにして置きましょう?













| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 Piston Magic, All rights reserved.