Selected category
All entries of this category were displayed below.

昨年作りましたGS750の69mmピストン、御買上げ頂いてましたお客様よりやっと持ち込まれました

P7311256.jpg


早速ベース面の加工致しましょうとフライスにセットしてダイヤルゲージ走らせますと、あれれ?前後で傾いております

一番側

P7311257.jpg

P7311259.jpg

四番側

P7311260.jpg

P7311261.jpg

確認の為外しまして寸法確認、ダイヤルゲージと同じ量傾いております、Z等でも多少はありますがこれは酷いほうですね

作られた時代を考えますとバリバリ作ってた時代ですので良くある話です

シリンダーの加工も終わり、ターカロイ松を入れてる間にクランク芯だし、最大で0.08mmの曲がりでした

P8031263.jpg

ボーリング、ホーニングも終わりまして

P8031264.jpg

久々にピストンとにらめっこしまして

P8031265.jpg

Zの影に隠れてあまり日の目を見ないGSのピストンですが何時の日にか日の目を見る日が来るでしょうか?

次回の製作に向けて変更点を確認しながらお絵かきして置きます、何時依頼が来ても良い様にと。











スポンサーサイト

この夏に手に入れました予備エンジンですが、スズキのシルバー塗装が中々厄介な代物でして

当初はウエットブラストのみで行く予定でリアライズの道岡さんに送ったところ

((一度やらしてみて))とのお言葉、じゃあ後は宜しくネで出来上がってきました

PA050982.jpg

PA050983.jpg

PA050984.jpg

PA260983.jpg

今と為っては比較できる物が無いし、これがスズキのシルバーと思い込めば良いだけですし、合格です

一号機では全て塗装しましたが今回はカバー類はバフ仕上げ、施工先は何時も綺麗に仕上げてくれます根岸研磨さん

PA130954.jpg

PA130955.jpg

今回はあえてビカビカにしないでほどほどに仕上げて頂きました

ガンコートもバフ仕上げも実際お客様に見て頂きましてオーバーホール時の参考にして頂ければ宜しいかと思います








本当は944を組めば済むだけの話だったのですが944用一号機に使えない部品がありまして、そんなこんなで

二号機エンジンを手に入れました所、中々の当たりエンジンでした、944を作るには中々手が掛かるのも事実ですので

ここは一つ二号機も手に入った事だしGS400の件も有りますので作ってみました

リセス位置は944と同じにして何処まで圧縮上がるかと思いましたが総排気量が小さいので中々上がりません控えめに行きます

ノーマルキャブとノーマルカムでマイルドな仕様にしましょうかね?キャブは後で替えれば済みますし

カムは昔のカムだと扱いづらいし一から作るとなると大変ですからね?

PA050975.jpg

944の73mmより頭立派ですが、圧縮 11.0:1ギリギリです、ノーマルカム前提ですと10.5:1位でも十分かと思います

PA050976.jpg

目方はノーマルの183gに対してこの数字で上がりました

PA050981.jpg

ノーマルと並べますと

PA050977.jpg

昔のヨシムラ69mmと並べて

PA050978.jpg

今回は気張らないで扱える仕様でオイルクーラー無しで油温も上がらないような仕様ですかね

忘れてましたが最近GS750より中古価格が高い?GS400にも使えます、バルブも同じです

後は燃焼室の確認のみです、気になる方はお問い合わせして下さい








シルバーウイークなる連休が有りましたがひたすら仕事の日々、今月最後のシリンダーの面研と粗削り

P9170883.jpg

取りしろが多い場合はこのように面研後に粗取りを行います

P9170885.jpg

続いてこのシリンダーのクランクシャフトの芯だし、中々の精度で上がりました

P9230898.jpg

そしてスタッドボルトが外れないGSのスペアーエンジン分解、クランクシャフトは今までの中で曲がりも無く良好でした

ガワはそれなりでしたが中身は良品で頑張って買ったかいが有りました

P9240902.jpg

序にどうとでもなるようにケースボーリング

P9240903.jpg

塗装にまわす為、ボーリングまで終わったシリンダーからライナー外し

P9240904.jpg

長年の泥?と格闘してやっと使えるようになりました各カバー類

P9240905.jpg

ゼファーエンジンは小物部品を頼み忘れましたのでバルタイ調整まで終了、95%完成です

後はなごりヘッドをどうするかなど等、充実のシルバーウイークでした???













GS850を作りに当たり色々問題も有りましたのでここは一発専用ライナーの製作することにしました

新規に一から作るとなると大変なので Zの69mm用ライナーを加工します

元々Z用はクランクケースに入る部分の外径が74mmにしてありますのでピッタリのはずです

ストロークの短いGS用に全長をカットシリンダーの高さに合わせて圧入部を加工、ツバ部の外径を落として

シリンダーに圧入

P9050850.jpg

P9050849.jpg

シリンダー下で74mm有りますので69mmでボーリングしても片肉2.5mmこの厚みがシリンダー強度に影響します

後々70mmまでは余裕の厚さです、後ははケースとシリンダーのノック位置です、ノックピンを付けてケースと合体

P9040855.jpg

この位置は結構バラバラで眼で見てずれてる物も多々あります

P9040854.jpg

合体

P9030849.jpg

完璧です、計算上は75mmまで入る予定ですがノック位置ともう一つ、ケース内側形状

P9040856.jpg

ご覧のようにどのケースもインテーク側が下にテーパーになってますので常に余裕を持って設定するしかありません

昔Zでギリギリ狙って入らなかった事もありましたね、これで準備完了

ピストンは今月中に作りますので興味ある方はチェックしてて下さい。










| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.