Selected category
All entries of this category were displayed below.

昨日のテイスト参加の皆様、最悪の雨の中お疲れ様でした、次回に期待しましょう

こんな雨の日は放置状態のD1の部品でも作りましょうとステンの丸棒から削り出しましたカラー

PB061021.jpg

我D1リヤハブしか有りませんので色んな意見の中からZ1100GPのスイングアームごと移植出来れば簡単に出来る事が判明

やった事の無いスイングアームの加工しまして塗装は専門家にまかせまして、


やった事の無いカラーの製作なんぞやりましたので早速取り付けてみました

PB061023.jpg

一応 ZⅡタイプのカラー形状にしました、締め付けてみますと若干きつかったので厚みを調整して完成

PB061022.jpg

これでZ1100GPの2.5インチリヤホールとブレーキ周りがそのまま付きます

一応今年中に完成をもくろんでいましたが仕事は忙しいに別のおもちゃが来てしまいまして

来年の桜の咲く頃には車検取れるように進めましょう、レストアの道のりは険しいです。







スポンサーサイト

中々手が付けられません我 D1、今年中にはと思ってましたが???です

もしかしたら出番が来るかもしれませんスペアーヘッドの確認をしましょう

得体の知れないヘッドの割にはバルブガイドのガタも無くバルブの段付も有りませんのでシートカットして

P9150861.jpg

少し当たりが広いので後日修正するとしまして、まずは容積確認

P9150857.jpg

50ccの注射筒にオイルをいれまして、ジャストに合わせて

P9150858.jpg

一気に入れます

P9150859.jpg

結果、34.3~.4ccってところでしょうか、35ccは入りませんでした

P9150860.jpg

修正面研すれば 34cc以下になりますので別の用途を考えましょう

やはり一つ一つの固体で違いますね。








足回りのメドが付いた所でチョコチョコと進めます、まずはシートカット

今回はバルブガイドのガタも無くバルブもしっかりしてましたのでそのまま行きます

P9090873.jpg

P9090874.jpg

このヘッド最初からバルブ突き出しが規定値外になってましたので、それを利用しまして突き出しを合わせます

一皮剥いてみましたが中々腐食してます

P9090872.jpg

が意外と大した事ありませんでした、多少ブツブツは有りますが?良しとしましょう

P9110855.jpg

燃焼室容積も35ccで予定どうりでした

P9110856.jpg

この燃焼室容積だけは感では出ませんので必ず測定してピストンの頭を変更します

予定では 73mmの 970ccで圧縮 11.0:1位で行こうと思ってます、オイルクーラー無しで?









今年の夏までにはと思ってましたD1、錆錆のスポークを廃棄したのでハブしか残らず思案中でしたが

天の助け、似たような物が転がってきました、同じリヤディスクの1000Rのリア周りですが当然ボルトオンとはいかず?

まずはスイングアームの幅を合わせるのにフライスにセット

P9080866.jpg

エンドミルで削って行きます、初めてやりましたけど意外と簡単?

P9080867.jpg

D1と同じ寸法に合わせた所でバリ取りして塗装に回します、後はブッシュを抓めて、サイドのカラーは現物合わせでと

これでこれが丸ごと使えます

P9080868.jpg

目方は重いですが、安心の純正?

P9080870_20150909184025d40.jpg

今月中には前後ホイールが付きそうです、あくまで予定ですけどね。










バフ研磨の名人、根岸研磨さんにお願いしてましたD1のカバー類が上がってきました

P5170658.jpg

P5170659.jpg

P5170660.jpg

我社にもバフ有るんですがパワー無いし面倒なので専門家にお願いするのが正しい選択です

出す前は結構ボロでしたがさすが根岸さん、良い仕事してますね~









| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.