Selected category
All entries of this category were displayed below.

昨日の1000R 76mmのシリンダー完成

P5312481.jpg

続きましてGS1000のシリンダー完成

P5252473.jpg

これのノーマルピストン

P6012482.jpg

以前作の73mmピストン

P6012483.jpg

前回作りましてからだいぶ経ちました、寂しいですね。




スポンサーサイト

以前GS1000の73mmピストンを御買上げ頂いてましたお客様のケースとシリンダーがやっときました

早速治具なんぞを作りまして(意外と難儀しました)ケース加工完了

P5232460.jpg

このGS1000だけが実測の数字が不明でしたがいかんせんユーザーさんが少ないので中々出番がきませんでした

おまけにZ関係は内径違い、厚さ違いの豊富なベースガスケットを用意してますがGS1000に関しましては需要が無いので

純正部品に頼ってるのが現実で、微妙な調節が出来ないのも現実です

ピストン寸法 73mmに対してターカロイ松の肉厚 2.5mm、ケース加工後の内径 80.0mmにしてありますが

加工部分はこれだけです

P5232461.jpg

実測で測れませんのでボーリングヘッドセンターから刃物の取り付け位置で合わせてあります

これで守備範囲のケース加工は全て攻略でき今後ピストン製作に当り貴重な数字が収集できまして

もっと素晴しいピストン開発に貢献できますので避けては通れない部分です。






親愛なる九州のお客様からの依頼品、GS1000 76mm ハイコンプ仕様

このシリーズも思い起こせば 3回目? 4回目?忘れましたが

アフターパーツの無いGS1000をレースで走らせたい熱狂的な方々からの依頼品

P1262318.jpg



P1262319.jpg

3回も4回も作ってますと色んな部分の改良が出来ます、昔のST-3カムにも対応するリセス、それで持って

圧縮 12:1付近まで確保して居ります、尚且つこの数年で解りました定番のターカロイの松、厚くしたほうがシリンダーの変形が

少ないのがハッキリしまして、後々のバージョンアップを考慮しまして今までより厚くしております

P1262320.jpg

中々立派な頭で御座います

P1262322.jpg

此処まで来れたのも久留米の星、伸ちゃんの 77mm仕様エンジン今年で5年目?6年目に突入します

更なる高みを目指して頑張ります。







昨日公にしましたGS用特注ST-2カムシャフト何人かの方より問い合わせがありまして(どんな仕様かと)

IN 10.1mmリフト 261度   EX 9.6mmリフト 251度/1mmリフトです、因みに昔のST-3カム

IN 10.3mmリフト 260度 EX 10.0mmリフト 260度/1mmリフトだったような気がします?

クロスビーのおぢさんが好んで使ってたような代物です

これでは街乗りもツーリングも出来ないので俗に言うST-1カム昔のAカムが存在しました

P2241786.jpg

誇らしげなPOP,Yの鋳だし文字

P2241787.jpg

実測しましたら  IN 9.6mmリフト 250度  EX 9.0mmリフト 250度と今のZのST-1とST-2の中間位の代物です

GS944で平塚の風ちゃんが使ってますね

P2241785.jpg

こんな感じです


じつはあの時これを復活させるべく無理言いまして作って貰いました

P2251763.jpg

ほほ同じような仕様ですがそこは今の考え方ですので当時のオヤジさんのプロフィールとは少し異なります

P2251765.jpg

赤いペンキは

P2251767.jpg

この1セットのみの目の前で書いて貰いました直筆?たぶんFujio Yosimuraと書いてあると思います 

ST-2の感じからしてかなり使えると確信しております

この2種類の選択肢をいずれのいずれ募る事にしたいと思いますので、お金貯めといてくださいね。(カムだけは駄目よ)







Zに比べて圧倒的に少ないGSのエンジンパーツ、ピストンは何とかするにしてもカムシャフトが無い

当時のカムを何とか手に入れても下が無い、谷が出るで使いにくいとの事で

一昨年のその前不二雄さんに相談してみたら二つ返事でOK、その背景には削りだしのカムが軌道に乗った事が大でした

P6240759.jpg

しかし大問題が一つ、タコメーターギヤーをどうするか、流石のヨシムラと言えどもここの加工は外注、数がないと高価になる?

そこは無視できない、色々と当ること半年の歳月が流れ、ふと思いついた事

ヨシムラにもそれなりの新しい機械がある(なら工具作って自前で加工出来るようにした方が良いのではないか?)

と言ってみたら何とかなりました、ギヤー加工

P2191769.jpg

今では全てのギヤーの加工が自前で出来るようになってめでたしめでたしでした

一時は断念かと思った時もありましたが、そんなこんなで完成しましたGS用ST-2めでたく完成

P6240755.jpg

早速九州の星に送ってテスト開始N狙った通り谷も消え扱い易くなりました、ピークの馬力は少し落ちましたが

6500回転では十数馬力上まりまして大成功、記念の不二雄さんの直筆サイン入り

P2191772.jpg

で次の問題はこのカムのプロフィールに対応させるピストンの製作バルブリセスにマージンを持たせ圧縮を上げる

前での73mmと73mmがこのST-2カムに対応出来る仕様でした

ヨシムラと協議の結果、当初目論んでましたヨシムラからの販売は一切ありません

また何時のの日か要望が出てきて作れるチャンスが来ることをひたすら待ちましょう

その時はまた一生懸命掛け合いますよ。








| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 Piston Magic, All rights reserved.