FC2ブログ
Selected category
All entries of this category were displayed below.

今年最後も1100刀でした、ダイジェスト版でご報告まで、ヨシムラST-1カムシャフト

PC282824.jpg

穴無しの昔のカクシャフトでした、アドバンテージのクラッチKIT

PC282828.jpg

問題のワイヤーもすんなりつきまして後はクラッチ板つければほぼほぼ完了

忘れてましたリング合口

PC252812.jpg

0.15mmのゲージ入りません、0.13mmでした

残りは帰ってからやります、すんません

ではでは皆様、良い年をお迎え下さいます。



スポンサーサイト

四国の知り合いから送られてきました1100刀のシリンダーとヘッド、シリンダーはターカロイ松に交換しましてボーリングも完了

問題はシリンダーヘッド、シートカットしまして修正面研中に気がつきましたがヘッドの下面、刃物が少ししか当たらない

PC222804.jpg

これから組むヘッドを引っ張り出しましてにらめっこ?普通この位削れるはず、なんかおかしいですよこのヘッド

PC222803.jpg

ヘッドを並べて燃焼室を比較?これに対して

PC222809.jpg

これ

PC222808.jpg

大分燃焼室が深いですね、でもこのエンジン新車から現在に至るで初めてのオーバーホール

ついでにしつこく測定します、と言うのも燃焼室容積次第でピストンの形状変えますので、狙った値まで行かないと大変です

PC212795.jpg

さてといかほど入りますかな

PC212796.jpg

はい、かなり多いですがピストンの形状そのままでベースガスケットで対処できますので良かった

本当はピストン形状変える予定でしたので危ない所でした

今年は1100刀のエンジンが集中してきましたので刀エンジンの 7不思議をほぼ解明できました

最後はしっかり測定あるのみですよ




オーバーホールに置いて問題部品をどうするか?見て見ぬふりしてそのまま組むか?そんな訳には行きませんね

部品が出るのであれば交換します、この1100刀エンジンごく一部を除きほとんどの部品が供給されますので安心です

まずよく使う 3速ギアー

PB262763.jpg

PB262764.jpg

このギアーを交換する場合一番外側の 2速ギアーを外すのですが、ここが鬼門で油圧プレスで10トン近く掛けないと動きません

PB262762.jpg

ところが事もあろうに4トンほどで動きました???寸法確認したところ2速ギアーの内径、新品部品と比較して 0.02mmほど

大きい物でした、迷わず交換します、組立時はロックタイト塗布です、内径が0.02mm違うだけで 6~7トン掛けないと入りません

シリンダーヘッドもカーボン落しのポート研磨、シートカット、修正面研終了

PB282774.jpg

PB282776.jpg

でもこんな巣がありました、ここかなりえぐれてますので取り去るのは不可能ですのでそのまま

PB282775.jpg

本来ポート研磨しないのですがカーボンそのままと言う訳にもいきませんので全てペーパーで落として(仕上げていきます)

昨日ご依頼のお客様がいらして全てを見て頂き、納得して頂きました、これが基本でしょう

まだまだ続く






またまた送られてきました、1100刀クランクシャフト、三本目です

PB302777.jpg

何時ものパターンですが#1側が大きすぎます、どうなるクランク?

PB302779.jpg

何とか良し、しかしこっちが

PB302780.jpg

これだけバラけるとお手上げです、たまにはこんな固体もあります、さっさと送り返します。





只今お預かりしてます1100刀、今回は久々のシートカット、バルブガイドの状態が良好でしたのでガイド打替る必要ありませんので

手仕上げです

PB232759.jpg

流石に16箇所あると大変ですが技量の維持の為でもあります、機械に頼っても限界もあります、微調整は手の感覚のみです

特に汎用機械の場合は作業者のレベル次第です、バルブの当たり位置はこの辺、外当たりにするとすぐバルブ段つきおこします

PB232761.jpg

ケースのバリ取り、タップ通しも終わり洗浄して乾燥の図

PB272768.jpg

PB272769.jpg

   





| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2019 Piston Magic, All rights reserved.