Selected category
All entries of this category were displayed below.

今年の春のテイストにて決勝後ベースガスケット部よりオイルが噴出しリタイヤしたお客様のシリンダー

P6131950.jpg

中々大きい穴で加工されております、ここまで大きいと不安になる部分、フィンとフィンの間

P6131951.jpg

P6131953.jpg

カムチェーンの横方向

P6131952.jpg

これ以外も良く見ますとクラックのオンパレードです、私も経験あります、ことごとくオイル噴いて終わりましたね

その為、USAにはビッグブロックが存在しましたが、それはそれで色々問題がありました、なにせドラッグ用でしたから

ピストンも大きいです、何と 79mmあります、ドラッグ用でしょうか?

P6191957.jpg

デトネーションで融けてます

P6191958.jpg

スカート自体の当りは綺麗ですがこうなったら綺麗のどうのこうのと言ってる場合ではないです

で、お客様と相談の結果、私個人の意見としては(上を回したい)のですが、まわりが1200cc主体のテイストになってますので

同じ1200ccの 76mmで行く事に決定、圧縮それなりに上げます、今まで1,100刀では経験したことの無い排気量です

シリンダーも別のを使います、問題は扱い切れるか?否か?

自分も欲しいと思った人、どうですか。







P6191959.jpg
スポンサーサイト

あの衝撃的なデビューから行く年月、最近ではとんと聞かなくなりました GSX 1000 レースホモロゲモデル、

そして、その数が少ないにも関わらず市場での人気が無い?

しかし世の中には奇な方がいらっしゃいまして、当時のAMAモデルを作る為数台所有されております

当然要求も当時同様、ノーマル排気量との事でしたが、さすがピストンリングが無いので協議の結果 70mmに決定

圧縮もなるべく高く、12:1近辺と為りますとボアが小さい分結構厳しい部分がありまして、使うカムもST-1に限定

それに合わせたバルブリセス位置、深さなどを修正しまして、これかなと完成、右のノーマル72mm比べかわゆいです

P3281791.jpg

しかし頭はドカーンと盛り上げました、右は当社 74mm 12.0:1仕様

P3281792.jpg

実はこのヘッドの燃焼室、バルブが大きい設定では無いので上方向が深く有りませんのでおのずと限界があります

P3281793.jpg

この刀のエンジン、2バルブのZ等と違い圧縮比 12:1でも楽勝で走ります、熱的問題も今の技術を持ってすれば

完全にクリアーします

P3281794.jpg

後は専用のライナー製作ですがこの間、ひょんな事から新品の1000シリンダーが舞込んできましたのでそれより割り出した

寸法で作りますので当初考えてました漬物石並みの目方にはならないで済みそうです

依頼主様、ご一報下さいな。










ここの所1100刀ばかりいじってましたら珍しいシリンダーが送られて来ました

P2101777.jpg

GSXの1000

P2101778.jpg

それも未使用、新品

P2101766.jpg

しかしこれが曲者でAMAホモロゲ用の為ボア69.4mm、対して1100は72.0mm見た目に小さいです

P2101763.jpg

内径が小さい分外径の異なり1000の

P2101764.jpg

に対し1100は

P2101765.jpg

とだいぶ違いますので1000のシリンダーは後々の発展に自由度が少ないですね

74mmのライナー入れますので削りがいがあります、楽しみです。













非常に珍しいケースではありますが、現に起きてしまった事案、GSX 1100刀のバルブガイド打替時にシリンダーヘッドを焼きます

そしてバルブガイドを一本づつ打ち抜きます、ところがこのヘッドバルブガイドを打ち抜く衝撃でシートリングが脱落しました

それも16個の半数もの数が?シートリングが浮いただけでもバルブが潰れて一発ブローです

P2041775.jpg

今までも何回か経験あります刀のヘッド、作られた時期次第かと思います、どう見ても圧入公差の問題です

ここまで外れると外れなかったシートリングも疑うしかありませんので16個全て交換です

と言っても部品がある訳でもなく当然製作するしかありません、お金掛かります

P2041776.jpg

Zの場合はシートリングが鋳込んでありますので外れる事はありません

何年かに一度こんな出来事があります刀さんでした。













この時期になると需要が多くなります、1100 刀用 74mmピストン 2017年仕様完成です

P2061798.jpg

実は2016年仕様との変更点はリセス位置をほんの少し変えただけです、見ても触っても判りません

でも圧縮は容積比で12.0:1を越えます、使用目的別に変更しますのでご心配なく

P2061799.jpg

この綺麗な切削痕、マシニングで削るのですが、コレ、表面積を稼いで放熱効果を上げる為の手段です

P2061801.jpg

ただ単に綺麗なだけでは無い秘密の部分なんですよ。













| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.