Selected category
All entries of this category were displayed below.

ここの所1100刀ばかりいじってましたら珍しいシリンダーが送られて来ました

P2101777.jpg

GSXの1000

P2101778.jpg

それも未使用、新品

P2101766.jpg

しかしこれが曲者でAMAホモロゲ用の為ボア69.4mm、対して1100は72.0mm見た目に小さいです

P2101763.jpg

内径が小さい分外径の異なり1000の

P2101764.jpg

に対し1100は

P2101765.jpg

とだいぶ違いますので1000のシリンダーは後々の発展に自由度が少ないですね

74mmのライナー入れますので削りがいがあります、楽しみです。












スポンサーサイト

非常に珍しいケースではありますが、現に起きてしまった事案、GSX 1100刀のバルブガイド打替時にシリンダーヘッドを焼きます

そしてバルブガイドを一本づつ打ち抜きます、ところがこのヘッドバルブガイドを打ち抜く衝撃でシートリングが脱落しました

それも16個の半数もの数が?シートリングが浮いただけでもバルブが潰れて一発ブローです

P2041775.jpg

今までも何回か経験あります刀のヘッド、作られた時期次第かと思います、どう見ても圧入公差の問題です

ここまで外れると外れなかったシートリングも疑うしかありませんので16個全て交換です

と言っても部品がある訳でもなく当然製作するしかありません、お金掛かります

P2041776.jpg

Zの場合はシートリングが鋳込んでありますので外れる事はありません

何年かに一度こんな出来事があります刀さんでした。













この時期になると需要が多くなります、1100 刀用 74mmピストン 2017年仕様完成です

P2061798.jpg

実は2016年仕様との変更点はリセス位置をほんの少し変えただけです、見ても触っても判りません

でも圧縮は容積比で12.0:1を越えます、使用目的別に変更しますのでご心配なく

P2061799.jpg

この綺麗な切削痕、マシニングで削るのですが、コレ、表面積を稼いで放熱効果を上げる為の手段です

P2061801.jpg

ただ単に綺麗なだけでは無い秘密の部分なんですよ。












順調に今月のノルマかたずけます所に送られて参りました1,100刀シリンダー

P1251729.jpg

スズキの刀シリンダーはZより後に作られてますので((Zよりははるかにましだ))と思われてるユーザーさんも居られます

そう思われてます刀オーナーさん、しかとご覧あれ!

まず外しましたライナー外径 79.10mmあります

P1241723.jpg

その数字をシリンダーゲージにセットしまして、この寒空にシリンダーを放置、放置の理由は室内は20度近辺に保たれます

温度の低い方がアルミの膨張も少ないので多少なりとも内径が小さく出るようにとの親心です?

ころよく冷えたところで測定開始

P1241721.jpg

ようく見て下さい、0点が 79.10mmの所です

P1241722.jpg

この状態でライナー外径より シリンダー内径は0.015mm小さいだけで、このまま室内に放置しますと

シリンダー内径、ライナー外径と同じになります、と言う事は常温で圧入公差ほぼゼロと言うことです

今まで調べました刀、1,100シリンダー大方ライナー外径よりシリンダー内径マイナス0.02mm位でしたので

このシリンダーが甘かったと言う事ですが、他のもZと大差無しとの判断です、このシリンダー、結果次第で

ライナー打替て良いとの条件でお受けしましたので予定どうり進めます

1,100刀のユーザーさん、これが現実ですよ(空冷四発みんな50歩100歩です)










只今お預かりしてます1100刀のシリンダーです、ライナー打ち替えの為シリンダー下面の加工が終わりましたので

本丸のシリンダーの拡大加工です、まずツバ部の加工、ここは常に爆発圧力を受け止める部分ですので

4.5mmから5.0mmに変更します

P8291301.jpg

カワサキの750ターボはここの厚みが7.5mmほどありますので薄いよりは厚いに越した事は無いとの判断です

1100刀用のライナーはノーマルより 直径で0.5mm大きくしてあります、経年劣化で歪んでます内径を新たに作り直す為です

直径で0.5mm、半径で0.25mmしかありませんので完全に下穴の位置を把握しませんとしくじります

このシリンダーもZと同じで暖めましたらライナーがその場に残りライナー外径部に付着してましたオイルに引火、燃え上がりました

P8291300.jpg

P8291305.jpg

最後に角の C面加工、基本中の基本でエッジでは駄目ですよ、これを無視したゼロ戦の試作機はここから破断して落ちたとか

ライナー圧入後上部面研、ボーリングも終わり、ホーニング待ちで御座います、今暫くお待ちを。








| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.