Selected category
All entries of this category were displayed below.

昨日の続きFX-Ⅲの組立、ヘッドを乗せてこの日の為に用意しました特殊工具にてシム調整します

全部確認した所で本来のカムシャフトを組んで確認、バッチリです、これでバルブタイミング調整します

PA152108.jpg

幸いにもカムスプロケット長穴加工してましたので後は任意の位置に合わせるだけです


PA152109.jpg

カムスプロケットのネジには必ずロックタイトを多めに付けてしっかり締めましょう

あれやこれやと細かく確認しましてメモしてゼェファーエンジンとの違いを確認しときます

以前に取ったと思ってました部品が出てきませんので再度部品待ちです

PA152107.jpg





スポンサーサイト

やっと雑用がかたずましたの何年ぶりかのでFX-Ⅲを進めます、ピストンは70mmで引っ張り出しましたら忘れてました?

このFX-Ⅲまでは燃焼室形状がゼェファーと違いまして Zと同じ半球形

P9252099.jpg

これに合わせてピストンヘッド形状を変更します

P9252096.jpg

燃焼室と干渉し無い事を確認します

P9252094.jpg

ピストン付けてシリンダー被せまして、色々確認しまして

P9252095.jpg

本日は此処まで、こんな寒い日は湯豆腐にお湯割りが良いでしょう?





思えば三年前にZ750GP以来のザッパー650の流れを汲むFX-Ⅲ、70mmの組込みです、Zと違い欠品部品も有り

中々厄介なエンジンになりつつあります、面白い点はザッパーと共通点も多くキックが付く所、このエンジンもオーナーさんの要望で

キックを取り付ける事になりました

P8042037.jpg

ところが中々上手く行かずおかしいな~と思いキックシャフト分解しましたら組み立て時の合わせマークがトンチンカン位置に居ました

P8042039.jpg

バッチリです、ロアーケースを被せまして完了

P8072041.jpg

お次はスターターシャフトあんどワンウエイを付ける段階でアレ無いぞ?

P8072042.jpg

仕方なく新品手配するはめに?




久々の登場、FX-Ⅱに70mmを組みます、全ての加工が終わりましたクランクケースとクランクシャフトとコンロッドを整列

P7031967.jpg

この時の絶対的な条件、クランクジャナルを磨き上げる事、先日投入しました大きいバフで行います

モーターのパワーに負けないように両腕のみで磨きます、モーターに負けてクランク落したら足の上です

磨きましたら綺麗に洗浄して乾燥させますとこんな感じです

P7031966.jpg

P7031965.jpg

此方も洗浄して乾燥させましたクランクケースにクランクをセット

P7021958.jpg

クランクジャーナル五箇所にプラスチックゲージ適当な長さにカットしてセット

P7021960.jpg

今回のエンジンに付いてましたメタルに識別のマーキングがありませんでした、こんな場合はクランクジャーナル径を測定した結果

一番厚いメタルだろうと目星をつけまして測定します、アッパーケースを被せて全てのボルトを規定トルクで締め上げ分解

P7021959.jpg

最大で 、051mmより気持ち広めの 、055近辺です、残り4箇所もほぼ同じ値でしたので一回で終わり

続きましてコンロッド大胆部測定、ここはちと面倒です、何せコンロッドが動かないようにしてナット締めるしかありません

動いたが最後でやり直しです、此方も無事終了、ちと光って見にくいかと思いますが

P7021961.jpg

狙った通り 、038mmより気持ち広めの、040mm位です、使ったメタルはジャナーナル径より中間を使いました

P7021963.jpg

と無事終了。



















油断してましたら溜まってきましたシリンダー

P6211960.jpg

取りあえずターカロイ松の入替は終了しました、その中で一番面倒なシリンダー

P6211961.jpg

FX-Ⅱ、GPZ及びゼェファー系のシリンダー、全て現物合わせの厄介シリンダーです

70mmピストンも順調に少なくなってまいりました、次は別の仕様を画策中で御座います。








| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.