FC2ブログ
Selected category
All entries of this category were displayed below.

只今お預かりしてますZ1初期型とZ2のケーススタッド、近年これに手を焼いております、季節柄外での作業では気温が低いので

室内での作業、それも助っ人の上で?おまけにZ1とZ2の二台?

P1202844.jpg

これプラスガスバーナーの組み合わせです、何とか外れてくれました

そんな折、この初期型Z1のオーナーさんが(どんなふうになってるか拝見させて)といらっしゃいましおた、おみやげ突きで

おありがとうございます

P1202843.jpg

さてさて細かい所を見て頂まして、あ~だこ~だと言いながらしながらどんな使うピストンやらライナーやら、こうやって加工します

よと説明しました、最後に芯だし準備してますクランクシャフトと対面して頂き、驚愕の事実を目の当りすることとなりました~

つづく




スポンサーサイト

ただ今お預かりしてますマークⅡのシリンダー、最近見かけなかったシリンダー、最初にシリンダー上面をオイルストーンで凸凹が

無いように均してから固定しますよ、ここを基準に見ますと

PB212753.jpg

あれれ

PB212754.jpg

真ん中辺り

PB212755.jpg

PB212756.jpg

#4側

PB212757.jpg

PB212758.jpg

シリンダー高さからするとうん十年に作られた当時のままと見受けられます

基本に忠実に直しましょうね。




以前半ば思いつきで作りました、Z1 STD ボア 66mmピストンの最新版です

P9202631.jpg

前回はなるべくSTDと同じような仕様で圧縮も10:1を少し越える程度でご好評頂きましたが今回の仕様は少し欲張りまして

ごらんのように圧縮を11.0:1を完全に超えまして最大で11.5:1辺りになる様に変更しました、

個人的にST-1カムシャフトを組み合わせてみたくなりましてね

P9202633A.jpg

当然、以前の仕様と同じく10:1以下まで落せます

P9202634A.jpg

それと今回はST-1カムシャフトを組むに辺りリセスマージンを大きく(深く)しました

P9202635A.jpg

現在のZ1の仕様はノーマルカムあり、ポイントあり、SP-Ⅱあり、ノーマルキャブに、社外キャブあり、ノーマルマフラーに

集合マフラーありと、色んな仕様が可能です、それに対応して尚且つ長く楽しめる仕様を選べます。

取りあえず自分の仕様はST-1カムに圧縮 11.3:1位でポイントで適当な集合マフラーにお気に入りのTMRのどのサイズかの

組み合わせで行ってみたいと思います。





長野のK様のZ1初期型、加工終了しました、Z1には珍しくクランクケース上面、斜めでした

P8262582.jpg

#1基準にした場合#4がプラス0.14mm高くなっておりました、ゼロゼロに修正加工するしかないのです

そのまま洗浄、乾燥ご一気に行きます、合格クランク、ミッションセット、いつもと違う角度から

P8282583.jpg

クラッチハウジングは1000J用を使います、こうやって代替品が存在するのは頼もしい限りです

P8282584.jpg

ロアケース合体

P8312582.jpg

P8312583.jpg

でんぐり返し、全ての寸法を確認しましてベースガスケットの厚み決定します、時にはベースガスケットの厚みに対して

全ての寸法を加工で合わせたりもしますよ

P8312584.jpg

シリンダーもホーニング終わっております

P8282585.jpg

ヘッドの加工も終わってますのでそのまま組むはずがバルブスプリング?頼み忘れてました。





オーバーホールから帰還しました KZ900のノーマルキャブ、早速不調のヤツと交換

P8292586.jpg

思ったより薄く出てジェット交換、あれやこれやの取り回し変更して終了、オーバーホール済みのボディーバラツキませんね

ともう一つ、どっちが下手人か解らないので同時交換、こちらもピンの寸法変えたりして意外と時間掛かりました

P8302587.jpg

ある程度エンジン回しても大丈夫そうなので明日、実走してみましょうかね。


業務連絡

長野のK様、後は組むだけです。






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2019 Piston Magic, All rights reserved.