FC2ブログ
Selected category
All entries of this category were displayed below.

色々と治具作りが終わりましてWのシリンダーをやっつけました、今までの17万㌔のシリンダーの問題点は

ライナーの肉厚 2.0mmで上の部分が79.00mmに対してプラス0.03mmでそれ以外の部分は79.01mm位でした

思えばこのライナーもターカロイ松でして苦労して作った記憶があります

P2272336.jpg

そのまま使えば使えない事もないのですが、後々の発展を考えましてライナー肉厚 3.0mmのターカロイ松を製作

P2272339A.jpg


17万㌔のシリンダーは記念に当社に残す事にしまして、ストックの新品シリンダーを塗装しまして全加工

P2272332.jpg

ターカロイ松と合体

P2272334.jpg

純正塗装も 17万㌔の証です

これがあれば怖いもの無しですので頑張って 20万㌔でも30まん㌔でも走ってください

P2272335.jpg

色々有りましたが、これで空冷エンジンのライナーがどうあるべきかハッキリ白黒しました





スポンサーサイト

久々に帰ってきました、W650用 79mmピストン

P2272341.jpg

もう帰って来ないのでは無いかと思ってました、その走行距離 実に 17万㌔ 色々ありまして鍛造に切り替えて暫くの頃の作

この頃色んな形状をトライしてたのですが、実際作ってみると意外と軽くなる形状、今の基になった形状です

P2272345.jpg

私が一つ、一つ汎用フライスで加工した、今となっては大雑把過ぎる形状?

意地になって掘り倒してましたボスサイド、何本超硬エンドミル折ったことか

P2272346.jpg

つい、昨日の出来事のように思いだされます

それにしても良く走った物です、ご苦労さま

と言いたい所ですが、寸法的に全然、まったく問題ありません、おまけに代わりのピストンが有りませんので

もう一仕事して頂きます、後20万㌔でも30万㌔でも行けるように新しいターカロイ松で行きます。






たしか東日本大震災の後に完成、お渡ししましたWのお客さまがシリンダーを担いでいらっしゃいました

P1251073.jpg

あれから6万㌔走った所でミッションブロー、これを気にシリンダー、ピストン、リングの点検します

シリンダーはかとうさん所のパウダーコートで仕上げましたが当時のまま?、若干色あせた?

P1251074.jpg

これだけ持てば十分かと思います、ピストンも健在この次期のピストンはスカート形状が違います

P1251075.jpg

トップリングだと判りにくいのでセカンドリングで確認しますと

このセカンドリングはあえてメッキ仕様を使ってましたので 6万㌔で50%位ですね

P1251076.jpg

赤丸の下の部分が消耗した部分で矢印部分がまだ当たって無い部分です

後 14万㌔走るそうですのでリングは交換しますかね







画像 244

こんな感じになりました

中身の詳細、後日公開します。

W800組みます

まず、トップリング合口確認

画像 234

0.2mmシックネスゲージ入りません、0.1は入ります

ピストン付けて、シリンダー被せて

画像 235

此処でオイルパイプ二本取り付け

下に0リングが付きますのでグリスを塗布

次、ヘッドを載せます

画像 236

この時、キャブはクリーナーボックスに付けておき

ヘッドと同時に付けると、後が楽です

カムシャフトを取り付け後

ベベルギヤのバックラッシュをゼロにしないで

若干ガタが有る程度にします

後はパタパタと組んで、忘れ物無いか確認

コックオン、チョウクオン、エンジン始動

画像 238

オイル漏れ、滲みを点検

ある程度暖まった所で

ベベルギヤの調整を軽~くして(完全に暖機後にやります)

本日終了


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 Piston Magic, All rights reserved.