Selected category
All entries of this category were displayed below.

たしか東日本大震災の後に完成、お渡ししましたWのお客さまがシリンダーを担いでいらっしゃいました

P1251073.jpg

あれから6万㌔走った所でミッションブロー、これを気にシリンダー、ピストン、リングの点検します

シリンダーはかとうさん所のパウダーコートで仕上げましたが当時のまま?、若干色あせた?

P1251074.jpg

これだけ持てば十分かと思います、ピストンも健在この次期のピストンはスカート形状が違います

P1251075.jpg

トップリングだと判りにくいのでセカンドリングで確認しますと

このセカンドリングはあえてメッキ仕様を使ってましたので 6万㌔で50%位ですね

P1251076.jpg

赤丸の下の部分が消耗した部分で矢印部分がまだ当たって無い部分です

後 14万㌔走るそうですのでリングは交換しますかね






スポンサーサイト

画像 244

こんな感じになりました

中身の詳細、後日公開します。

W800組みます

まず、トップリング合口確認

画像 234

0.2mmシックネスゲージ入りません、0.1は入ります

ピストン付けて、シリンダー被せて

画像 235

此処でオイルパイプ二本取り付け

下に0リングが付きますのでグリスを塗布

次、ヘッドを載せます

画像 236

この時、キャブはクリーナーボックスに付けておき

ヘッドと同時に付けると、後が楽です

カムシャフトを取り付け後

ベベルギヤのバックラッシュをゼロにしないで

若干ガタが有る程度にします

後はパタパタと組んで、忘れ物無いか確認

コックオン、チョウクオン、エンジン始動

画像 238

オイル漏れ、滲みを点検

ある程度暖まった所で

ベベルギヤの調整を軽~くして(完全に暖機後にやります)

本日終了

お待たせしてます W800

昨日仮組して、圧縮確認しました

10.7:1です

午後部品が揃いましたので

ベベルより組みます

が、ベアリング圧入工具作らないとダメでした(アルミのカラー)

画像 228

四つ爪のロックナット

締め付けトルク 6.0 Kgf-mと指示されてますが

5.0 Kgf-mで締めてもベアリング渋いですので

4.5 Kgf-mで締めました

取り合えずこんな感じになります

画像 220

意外と綺麗な赤ですよ





ただ今お預りしてます

NAGさんのシリンダーもライナー外します

画像 015

本当は此れくらいの温度で動くのは

宜しく無いのです(はめ合い緩すぎです)

新しいライナーを入れる場合はストーブでは無理なので

ガスコンロ使います

先日作りましたWのバルブガイドも

ガスコンロでないと打ち込めません

画像 019

完全に冷えますと、ご覧のような色に変化します

アルミ青銅に近い特性です

圧入公差の兼ね合いで少し内径が小さくなりますので

再度、リーマー通して

シートカットします


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.